| 1/248PAGES | >> || TOP
2016夏休み

8月10日

早朝五時半に家を出て、飛行機で神戸へ帰省

th_IMG_1362.jpg
th_IMG_1371.jpg

明石駅で、都きしめん(あなご丼セット)を食べました
th_IMG_1375.jpg

おみやげ
th_IMG_1380.jpg


8月11日

お墓の手入れとお参りをしました
th_IMG_1390.jpg

8月12日

まずは明石焼を食べに行きました
th_IMG_1422.jpg
th_IMG_1415.jpg
th_IMG_1420.jpg
th_IMG_1418.jpg
それから三宮に移動して、ポートライナーに乗って、神戸IKEAに
th_IMG_1425.jpg
th_IMG_1432.jpg
th_IMG_1435.jpg
th_IMG_1430.jpg

かわいくないぬいぐるみと戯れ…

でもこのネコのまくら?クッション?はかわいいね
th_IMG_1436.jpg
th_IMG_1437.jpg

50円ソフトクリーム 安っ
th_IMG_1439.jpg

100円ホットドッグ 安っ
th_IMG_1441.jpg
それから、駅を挟んで向かい側にある「UCCコーヒー博物館」へ
th_IMG_1443.jpg
th_IMG_1450.jpg
th_IMG_1445.jpg
th_IMG_1447.jpg
th_IMG_1451.jpg
th_IMG_1453.jpg

これからは、コーヒー大博士と呼んでください。

一年間、入館無料だそうです。
th_IMG_1454.jpg

それから三宮に戻って…

関西ラリーストの「ご近所会」に!
th_IMG_1458.jpg

仲間に入れていただきありがとうございます!

両面焼き餃子、おいしゅうございました
th_IMG_1460.jpg

 

8月13日

神戸限定ビールを見つけてしまったので、昼間からプシュッ
th_IMG_1467.jpg

それから、実家の障子を張り替えました
th_IMG_1476.jpg

プラスチックコーティングの丈夫な紙で、糊ではなくアイロンで接着します
th_IMG_1478.jpg

そして、夕方四時半スタートで、恒例の魚釣り!
th_IMG_1483.jpg

今年の釣果は、およそ80匹。去年と同じくらいでした。
th_IMG_1494.jpg
th_IMG_1491.jpg

天ぷら!
th_IMG_1495.jpg
th_IMG_1496.jpg

揚げたてのつまみ食いが止まりません
th_IMG_1499.jpg

母がつくってくれる南蛮漬けはいつも絶妙の味付けです
th_IMG_1502.jpg

分量を聞いても、「適当」としかいわないのですが…

 

8月14日

恒例の集まり…高校の友達と昼呑みです(^^)

母がつくってくれた鯵の南蛮漬けが好評でした。

 

8月15日

早朝五時半すぎのバスに乗って、飛行機で関東に戻り…

まずは青山へ。kikiさんのお父様のお墓参りです。
th_IMG_1527.jpg
帰り道に、ケララバワンでお昼ご飯を食べました
th_IMG_1532.jpg
th_IMG_1531.jpg

 

帰宅後、先日の勝沼で不調だった洗車機の手入れをしました。

エンジンはかかるのですが、水を吸い上げられない症状でした。

ポンプの分解掃除で使えるようになりました…まだ水圧が弱い気がしますが、これでちょっと様子を見ます。
th_IMG_1533.jpg

オイル交換もしました。真っ黒でした。道具はちゃんと手入れをしないとだめですね。

 

その後、ちばてつさんにゆずってもらったKTMのリアホイールのリペアにも着手。
th_IMG_1535.jpg

これはまだ作業途中なので、詳細を別記事で書きますね。

 

カルボナーラを作って食べました。
th_IMG_1548.jpg

 

これで、2016の夏休みはおしまい。今年はバイク抜きの夏休みでした。

| 神戸/関西 | 19:29 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
キャンオフ東日本 at 勝沼XP

8月6日(土)前日練習〜8月7日(日)キャンオフ本番

 

キャンオフとは、キャンパスオフロードミーティングの略称で、学生オフロードバイクライダーのためのイベントです。

 

2015年まではビッグクルーさんが運営サポートしていたのですが、ビッグクルーの母体であるモトロマンさんが不幸な事故によって閉店したのに伴い、運営サポートが受けられなくなってしまったそうです。しかしその後も、学生さんの自主運営により開催が続けられており、DESSYさんらが、出来る範囲でそれをサポートしています。

 

そして、十分に周知されていないのですが、2016年からは、大学生だけではなく、社会人ライダーの参加もOKになったんです。このOBクラスを盛り上げようと現在DESSYさんがあちこちに声をかけていて、僕も誘って頂きましたので、少しでも運営費の足しになれば、と思ってエントリーすることにしました。あべっちさん、おさるさん、ちばてつさんらも参加しました。

th2_IMG_1405.jpg

th2_IMG_1410.jpg

th2_IMG_1406.jpg

姫丸さんは前日練習でご一緒いただき、いろいろ教えて頂きました。

th2_IMG_1409.jpg

 

キャンオフのレース内容は、午前中にスプリント二本、午後に90分エンデューロを走るという、充実のプログラムです。

th2_DSC_8483.jpg

ちなみに僕はスプリントレースがはじめてです。

まったくお話になりませんでした。モトクロス練習しないとダメですね。

th2_DSC_8436.jpg

th2_DSC_0261.jpg

エンデューロはまあまあ…。

th2_DSC_0405.jpg

一応表彰台の端っこに載れました。

th2_IMG_1407.jpg

th2_IMG_1408.jpg

ちばてつさん、こじまさんに続いての三位って、なんか僕って凄い人みたいですが…

…OBクラスの参加者が少ないだけですよ。(笑)

 

前日練習から、二日間に渡ってとても楽しい時間が過ごせました。

th2_IMG_1411.jpg

th2_IMG_1401.jpg

遊んでくれたみなさん、ありがとうございました!

 

次回は

第3戦 9/18(日)軽井沢モーターパーク

だそうです。

OBがたくさんエントリーすることがまた、現役学生ライダーさん達の支援にもなります。

このレース内容でエントリーフィー7000円というのはかなりお安いですし、僕のように「エンデューロは走ったことあるけど、モトクロスのスプリントは未経験で怖いなあ」というライダーには、ちょうどいい「スプリントレース体験イベント」にもなります。

みなさんも次回は参加してみませんか?

 

運営情報、エントリーなどはこちらから!

http://blogs.yahoo.co.jp/camoff_gakuniren/MYBLOG/yblog.html

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
PowerEnduro 8H ピットクルー編

今回のハチタイでは、しまちゃん、kikiさん、はらちゃんらが、ピットクルーとして参加してくれました。

ライダー交代時の給油サポート、メカニックから、美味しいお昼ご飯作りまで…。さらには、走り終わった後には、バイク4台をすべて洗車してくれました。しまちゃんのご好意にすっかり甘えてしまいました。本当に助かりました、ありがとうございました!

レース会場に来たのが久しぶりのkikiさん。いろんな人に会えてよかったね。

麦茶やカキ氷のサポートありがとう。タイミングによっては、またいつか、ライダーで参加できると良いね!

参加者が全員ライダーだと、みんな疲れているので、なかなかアレコレとできないんですよね。こうしてサポートに来てくれる人もまた、かけがえのないチーム員です。

あっ、大切なサポートメンバーを2人、忘れていました…!

癒されるぅ…(´∀`)

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Power Enduro 8Hに参戦しました 2016

2013年の鮫川村Power Enduroにテツさんと参戦して以来、三年ぶりとなるPower Enduro 8H。今回は、姫丸さんとのペア「ちーむガス欠。バヤリース」にて参戦しました。
th_IMG_1274.jpg
実は、今年は以前から一度やってみたかった「アイアンマン」エントリーをしたのですが、姫丸さんとチームを組むはずだったお友達が怪我をしたため、姫丸さんに「ねえねえ、代わりにどう?…マシンもあてにしていい?」と声をかけていただきまして…僕のマシンが目当てだとしても(笑)とても光栄なことなので、喜んで組ませていただくことにしました。そして、空いてしまったアイアンマンの枠には、「アイアンマンででちゃおうかなー」と迷っていた「どうでSHO」こと翔くんを強制エントリー(笑)。

ひろみちゃんとおさるさんとみっちゃんの「ちーむガス欠。」僕と姫丸さんの「ちーむガス欠。バヤリース」アイアンマンのSHOくんと岡島さん。それからサポートのしまちゃん、はらちゃん、岡島家のおちびちゃん二人…楽しい仲間が集まって、楽しいピットをつくりました。

YSR斉藤さんがピットの場所をとってくれて、第一パドックの良い場所にピットを構えることができました。
前夜祭から大変に楽しく、うっかり呑みすぎそうになりましたが…
th_P7300620.jpg
th_P7300615.jpg
熱中症予防のためにぐっと堪えて、23時には就寝しました。

レース当日は、僕が第一ライダー。
下見はしてなかったけど、「絶対マニアにいったほうがいい」というちばてつさんのアドバイスを信じて、一周目から廊下〜すり鉢を迂回できる、マニアラインにアタック。この時点では、マニアのほうに来る人が少なかったため、一周目、二周目は、一番左のほうから問題なく登頂できました。

三周目で、マニアラインにアタックする人が少し増えてきました。左のラインは上の方で停まっている人が見えたので、試しに真ん中のラインからアタックしようと走りだしたら、そちらにも上のほうに停まっているライダーがいて、ひるんでしまって失敗しました。とりあえずその周は下に降りて、一般ライン、つまり廊下〜すり鉢のほうに行ってみました。こちらのラインは、走ること自体はまったく問題ないのですが、「廊下」が長く、またそこはずっと足が出てしまうような轍が続くので、とにかく疲れるんです。また、時計をちゃんと見ていなかったので定かではないのですが、体感的には三分程度は時間が余分にかかる気がしました。これは、基本的にはマニアに行くしかないね。もし失敗しても、まあお祭りだからいいじゃないってことで。

四周目を回ったところでピットイン。ちゃんとピットイン・アウトの位置を確認していなかったので、自分のピットとの位置関係を完全に勘違いしてしまい、第一パドック内をうろうろ。逆走になりそうなところはバイクを押しながらうろうろ…。まずは四周ずつ、80分以内でライダー交代するという予定でしたが、マニアラインでの失敗のリカバリーや、ピット内での迷走のおかげで、80分以上かかってしまいました。ピットにやっとたどり着いたときには、自分の不甲斐なさにちょっとイライラして、大きい声を出してしまいました。…すみません。
th_P7310701.jpg

僕らのチームには、ライダー交代する際の儀式があります。しまちゃんが、8mmレンチを持って、左右のレバーの角度を調整するんです。
th_P7310672.jpg
僕のセッティングは水平よりちょっと下くらい。
姫丸さんのレバーの角度はちょっと特殊で、水平よりちょっと上なんです。
th_IMG_1275.jpg
【これが姫丸さんセッティング!】

これはお互いにどうしても妥協点が見つからなかったので、ライダー交代の際に調整するのが良いだろうということになりました。4周ごとに交代しよう、という作戦だったので、およそ60〜80分は走り続ける訳です。慣れないレバー位置で乗るよりも、自分に合ったセッティングで乗る方が、結果的には速く走れるので、セッティング変更の2分程度の時間は十分に取り戻せるし、なにより、その方がお互い楽しく走れますしね。

第二ライダーの姫丸さんは、4周を70分ちょっと、僕が一回目の持ち分で遅れた分を取り戻す感じで戻ってきました。さすがですね。

二回目に出動して、一周目のマニアラインで、真ん中のラインにいったら掘れまくりのツルツルで、たくみさんに「がんばれー」と笑われながら、下からやり直すはめに。かなりのタイムロス。そのときに右のラインから、miomioさんに抜かれてしまい、二周目、三周目は、僕も右のラインから行かせていただきました。
二回目の二周目、三周目は順調だったので、一周目のタイムロスを取り戻して、ちょうど80分弱くらいでピットに戻れるな、と思いながらパドック前を通過しようと思ったら、赤旗で停められました。このとき、手元の時計で11時46分。

WBGT値 (熱中症に関する指標) が上がったらレースを一時中断する場合がありますと、ブリーフィングで説明はありましたが、今日はそこまで暑くないよね…?

…と思ったら、なんとコース上でバイクの火災が起こったそうです。

こちらが回収された、燃えちゃったバイクです。
th_13907074_1802516433327919_139588159450793392_n.jpg
写真ではわかりにくいですが、ラジエタ付近で出火し、シュラウドが溶け落ちてます。

レース再開待ちということで、一旦全員がピットに戻りました。
しまちゃんやkikiさんらが作ってくれたそうめんと天ぷらを美味しくいただきながらお昼休憩。
th_DSC_0492.jpg
th_IMG_1207.jpg
th_IMG_1201.jpg
岡島家のおちびちゃんたちの存在が、僕らのピットをとっても癒してくれました。
th_IMG_1204.jpg

結局、13時15分からコースインして、停められた順番にコース内に並べ直して、最スタートをしたのが13時45分近かったので、ほぼ二時間の中断となりました。

リスタート直後は、「ちーむガス欠。」のおさるさんは一周20分で、また姫丸さんは16〜17分程度で戻ってくるペースでした。僕が四周でなく三周で中断したので、姫丸さんも三周回って、またライダー交代しました。

最後の持ち分の三周は、姫丸さんに一分でも早くバトンをつなぎたい、そういう思いでいっぱいでした。僕がスタートしたのが14時32分頃。姫丸さんは僕より速くて、一周を16〜17分程度で回れるから、僕が三周回った時点で、残り35分あれば、16時までに二周を回って、ぎりぎり三周目に突入できるはず。15時25分までに3周するには、一周17分代でまわればいいのか。ミスを恐れて廊下すり鉢ルートに行ってはロスが大きいから、ここはやっぱりマニアに行かなければならない。かといってマニアで大きなミスをしたら、それもまたロスが大きい。マニアルートにいきつつも確実に。モトクロスコースも、得意じゃないけど自分なりに一生懸命に…。バイクにつけていた腕時計は、こんな時に限って電池切れで停まってしまっていました。

三周目のマニアルートで、右ラインの根っこを超えるところでスタックしているバイクが道を塞いでいました。バイクから一度降りて、押しながらラインを換えてリスタートし、半クラッチも使いまくりながらなんとかクリア。ここはタイヤのグリップに助けられました。ライン変更と押しで少しロスがあったけど、下からやり直した訳ではないし、きっと二分足らずのロスだろう、大丈夫、いけるいける。

そうしてピットにたどり着いて姫丸さんにバトンを託したのが、15時25分頃。まるで計ったように残り35分でした。

その後、結果的には姫丸さんの三周目は、ほんのわずかに間に合わなかったのですが、16時3分頃、無事にチェッカーを受けました。
th_IMG_1224.jpg
th_P7310757.jpg
僕が4+3+3周、姫丸さんが4+3+2周、合計19周。総合順位は28位でした。

入賞でもなんでもありませんが、160台以上参加の中でのこのポジションは十分な結果です。
岡島さんは、子供達の面倒を見るために(笑)止む終えず途中で棄権しましたが、ひろみちゃんとおさるさんとみっちゃんの「ちーむガス欠。」、アイアンマンのSHOくんも無事に完走。

リザルトはこちら http://motopower.jp/race-result2016.html

出る前には、アイアンマンもいいかなぁ、って思っていました。でもやっぱり、また来年も出るのであれば、チームで出たいですね。「…とにかくなんとかして、少しでも速く、マシンを壊さず、ピットで待ってくれているライダーにバトンを繋ごう。そして力を合わせて完走するんだ…。」最後の三周を回りながら感じていた、あのドキドキ、いや、ヒリヒリするような気持ちこそが、チーム戦の醍醐味だなって思い出したからです。いつも走っているエンデューロやラリーは一人で走る競技ばかりだからこそ、こういうレースは、信頼できる仲間とチームを組んで出走して、いつもあのヒリヒリする気持ちを思い出したいんです。

…どこか原点に返るような楽しいレースでした。赤旗中断で時間は短縮されてしまいましたが、その時間もまた、周りの人とのコミュニケーションが深まる大切なひとときでした。一緒の時間を共有できたすべてのみなさん、楽しかったね!どうもありがとう!
th_IMG_1218.jpg
th_IMG_1185.jpg
th_IMG_1241.jpg
th_IMG_1200.jpg
th_IMG_1285.jpg
th_IMG_1258.jpg
th_IMG_1253.jpg

JUGEMテーマ:車/バイク

 


 

 

| オフロードバイク レース | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
サスペンションOH感想と、PowerEnduro8H準備

先日、2012秋にデリバリされてから四年近くオーバーホールしてなかった前後サスをモンドモトさんでオーバーホールしました。KTMのサスペンションなら、やはりモンドモトさんにお願いするのが一番だと思うのです。

iPhoneImage.png

Y2XCおよび、河川敷コース練習で乗ってみたところ、これか、こういうことだったのか!と感動しました。ガレや自然にできたフープス的な地形に突っ込んで行けるフロントの安心感。暴れずについてくるリアの安心感。

サスのオーバーホールって重要なんですね。そして、KTMのノーマルのサスってやっぱり良く出来ているんだな。リバルビングなどはしなくても、納車時のコンディションを取り戻しただけで感動しました。僕は、一部では柔らかすぎるとの話もあった2013モデルの、最初の4CSのタッチが結構好きなんです。いや、市川さんマジックで、納車時のコンディションを超える+アルファの何かがあるのかも知れません。

 

河川敷で一日走ってみて、クラッチの切れはまったく問題なし。
翌日の整備時に念のためクラッチオイルのマスターシリンダーを開けてみましたが、クラッチオイルは綺麗なピンク色のままで、ミッションオイルの混入によって汚れていたり、量が減っていたりということはありませんでした。

 

フロントタイヤはVeeRubber VRM-211Fに交換。

th_IMG_1085.jpg
シートは、以前Takayanさんにもらったシートを削ってつくった自作ステップシートのベースプラスチックが割れてきたので、純正ローシートを装着することにし、新しいシートカバーに張替えました。

th_IMG_1082.jpg

 

リアは悩んだ末に、TOURIST 新品に交換。ダブルチューブ仕様にしてみました。

th_IMG_1083.jpg

th_IMG_1085.jpg


しかし、今週のSUGOの天気を見守り、雨でマディーなコンディションになりそうなら、もう一回交換することになるかも知れません。

 

ミッションオイル交換しました。

th_IMG_1080.jpg

 

あとは、なんだっけ…。
  ゼッケン貼り
  スポークの緩み点検

  ゴーグル、キャメルバック、ウエア等装備の点検
  忘れちゃいけない、「消化器」の準備(レギュレーションで必要なんです)

| - | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
河川敷コース練習 with おさるさん & おかじまファミリー

7月23日(土)

この日は、来週末のPowerEnduro8Hで乗るKTMの最終マシンチェックのために、 おさるさん & おかじまファミリーと日野カントリーオフロードコースにいくつもりだったんですが、前日になって、「この日は日野のコースはお休み」との連絡がありまして、急遽、僕が良く行く河川敷での練習に切り替えました。

 

前の週のY2XCでクラッチトラブルを起こしたKTM。パーツは手元にあったので修理は翌日完了したけれど、その後乗っていないので、きちんと修理できているか、また他に不具合はないかをテストするための走行です。あくまで最終チェック目的なので、壊さないように…

th_IMG_1065.jpg

 

これが、ちーむガス欠。のひろみちゃん、みっちゃん、おさるさんが乗る、TTR125LWひろみ号。

th_IMG_1062.jpg

僕も含めていろんな人が実際に乗ってみて、意見を出し合って、アイドリングを下げたりクラッチを調整したりしたら、はじめよりずいぶん乗りやすくなりました。YZ85サスペンション仕様で車高が上がっている分、かなり削ったローシートがついているのですが、セル付きでキックの必要がないので、これもノーマルシートに換えた方が乗りやすいね、という結論に。

やっぱり事前のテストライドは大事ですね。

 

おかじまファミリーと走るのはちょっと久しぶりです。

前回会ったのは、さよなら凸凹ランドイベントですから一年ちょっと前ですね。

th_IMG_1070.jpg

 

子供って、会う度大きくなっててびっくりしますね。

th_IMG_1064.jpg

 

人見知りで、まったくなついてくれませんでした(涙)

th_IMG_1068.jpg

 

こうきくんは、ちょっと難しめのこのコースをがんばって一周しました。

th_IMG_1067.jpg

大冒険だったね!

 

おさるさん…そのマシン、似合いますね。

th_IMG_1072.jpg

 

日が長いので、五時頃まで走って、洗車して、撤収したのはもう六時半を過ぎた頃。

ほぼ七時前だったでしょうか。

th_IMG_1074.jpg

一日遊んで、楽しかったね。お疲れさまでした、また遊ぼうね。

th_IMG_1073.jpg

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク 練習 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
KTM整備記録 油圧クラッチ ピストンOリング交換(二回目)

Y2XCにて、クラッチが切れなくなったKTM。

マスターシリンダの蓋を開けると、案の定…

クラッチオイルが黒ずみ、無くなりそうなくらいに減っています。

 

KTMの油圧クラッチは、こんな構造になっています。

 

油圧クラッチが切れなくなる症状が出た場合、まず目視で確認するのは、63番のクラッチホースの、上下のバンジョーボルトが緩んでオイルが漏れていないか、ということですが、ここから漏れていることはほとんど無いはずです。また、32番のマスターシリンダー側のピストンが摩耗してオイル漏れする場合もありますが、ここがダメになってきたときには、タッチがギシギシした感触になるし、レバーの根本あたりにクラッチオイルが漏れてくるので、目視で確認できますね。

 

この三カ所から漏れていない場合には、69番のスレーブシリンダー側のピストンのOリングのヘタリです。ここはエンジン側の熱、ミッションオイルの汚れにも影響を受けるので、消耗しやすいと考えられます。ここのOリングがヘタると、クラッチを握るたび、つまり圧力がかかるたびに、微量ずつクラッチオイルがエンジン側ににじみ出し、油圧がかからなくなるため、次第にクラッチが切れなくなります。

 

構造上、ピストンが消耗することは考えにくく、Oリングだけ変えれば良いはずですが、KTMからは、ピストンごとでしかパーツ供給されていません。

 

そこで代替品として、ホンダのパーツ(91354-SA5-952 Oリング 172円)や、サイズの適合する汎用Oリングで代用します。

 

スレーブシリンダーを分解し、シリンダーのOリングを指で触ると、ざらつきを感じました。オイルに混じる汚れ、異物をOリングに噛んで、クラッチオイルが少しずつ漏れたのでしょうね。

幸い、手元に部品を持っていましたので、すぐに修理できました。

 

実はおよそ一年前にも同様の症状を発症し、ピストンのOリングを交換しております。

→ KTMとセローの整備メモ(ワイワイとクロカントライアルのため)

2015年7月ですから、ちょうど一年前ですね。

そのときは、コテツさんに譲っていただいたOリングだったので、メーカーなどはわかりませんが、装着されていたOリングの実測から、内径23mm、線径2.0mmくらいのOリングが適合するだろう、との話でした。

 

サイズで調べるとこのあたりですね。

内径23.5mm、線径2.0mm

今回は、このOリングにて修理しています。

 

ところが、これは「固定用」となっています。

一般的にピストンに使われる「運動用」は、断面つまり線径が太く、その分、可動部において密閉度が高く、耐久性があるのだそうです。しかしながら、24mm径で「運動用」Oリングを探すと、線径が3.5mmになってしまい、あまりに太すぎます。

 

ただ、Oリングというのは、使用すれば伸びますし、つぶれて扁平になります。コテツさんに教わったOリングのサイズは使用後のもので、もしかしたら、新品時はもう少しだけ内径が狭く、線径が太いのかも知れません。

そこから考えると、このあたりも使用できるかも知れません。

内径21.8mm、線径2.4mm

次回は、このOリングにて修理してみようと思います。

 

 

なお、Y2でクラッチが切れない、握りきっても半クラッチになるような状態で走ったので、クラッチにどのくらい負担がかかったかが心配になり、念のため、交換したばかりのクラッチも開腹してチェックしました。

幸い綺麗な状態で、ほっとしました。

 

ミネラルオイルもシマノ製を使っているので、かなり安くメンテナンスできます。

一年、もしくは大きなイベントの前には定期交換することにします。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク KTM | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2016 Y2XC-R3(今年、初参戦!)

7月17日(日)

久しぶりに、Y2XCに参加してきました。
 

第三戦にして、今年初です。チーズナッツにくるのも、去年のY2最終戦以来だから、実に九ヶ月ぶりかな?

 

数年前までは、「必ず五戦すべてに参加する!」なんて燃えてたのですが…ほかのエンデューロレースやラリーイベントと重なることも多いので、このところは「まだ参加したことがないほうに行ってみよう」とか、「kikiさんが乗りたいと言ってるから、気軽に参加できるコマ図ラリーのほうに参加しよう」という感じで、Y2XCへの参加の情熱?はだいぶユルくなりました。

 

それでもやっぱり、久しぶりにチーズナッツパークに来ると落ち着くし、楽しい気分になります。

成田でお友達になったmiomioさん
th_IMG_0012_2.jpg
いつもニコニコ笑いながらKX100を操る、ナリタのヌシです♪

KTM乗るの久しぶりなんです〜のどらみちゃんも、今年Y2初参戦だそうです
th_IMG_0014_2.jpg
th_IMG_0015_2.jpg

タッキーさんはもうすっかり昔の勘を取り戻して、まったく追いつけない速い人になっちゃいました。
th_IMG_0016_2.jpg

「うちのチーム、ひとりなんですよー」(調査隊のことですね)
th_IMG_0017_2.jpg
さすがチーム内の最若手メンバー近藤さん、今年は勝沼のクロスカップなど、いろんなレースに出まくってますね!

あれ?小池くんどうしたの?
th_IMG_0010_2.jpg
雨が降ってなくて、新しいタイヤがもったいないから前後とも古いのに換えてるそうです。(笑)

あれ?くっしーさんまで、どうしたの?
th_IMG_0011_2.jpg
Tubliss組み付けミスでスローパンク。チューブ入れてるそうです。

今日はラリーでしたっけ?という感じのメンバ−が並んでいます(笑)

th_13710007_1062799280463048_6226710013106143059_n.jpg

 

写真を取ってくれたのは、これまたラリー仲間のめぐめぐさんです。
th_IMG_0006_2.jpg

さて、いよいよスタートです。

 

参加台数制限がなくなったせいで、今年は300台以上がエントリーしてるんでしたっけ。第一戦のスタートは250台とかものすごい数で、かなり混沌としていたという話を聞きました。今回は、JNCC爺や北4など、他のイベントと重なっているから少ないだろうと思ったんですが、スタートに並んだバイクを見たら…いや、全然少なくない。後でリザルトを見たら、164台が参加していました。少なくて164台か。すごいなY2XC…
th_1607191.jpg

 

万全の整備で、八耐マシンのテストのつもりで臨んだレースでしたが、スタートして最初の渋滞で、クラッチを切ってもマシンが進んでしまう…おっとっと、でまず一度転倒。ニュートラルに入れないとエンジンがかからないし、ギヤを入れると、エンストしないまでもじわじわ進んでしまう。クラッチが切りきれてない…。
 

 

いつもより2クリックほどレバーを遠くして、べったり握るとなんとかクラッチが切れるようになったので、再スタート。この時点では、直前に交換したクラッチ板のせいかと思ったのですが、どうもそうではなさそう。しばらくするとまた切れが悪くなり、ちょっとしたことでエンスト。また1クリック遠くして…の繰り返し。
 

 

この症状で、わかりました。油圧クラッチのエンジン側シリンダーからクラッチオイルが漏れている症状です。握るたびに微量ずつ漏れるので、切れなくなる、レバーを遠くするとなんとか切れる、何度かクラッチ握るとまた切れなくなる…の繰り返しになるのです。

 

実は、前回のブログ記事で、ほぼばっちりハチタイ前の整備は終わったかのように書いたのですが「クラッチオイルの交換」と「リアブレーキフルードの交換」だけは間に合っておらず、Y2終わってからやろう、と思ってたんですよね。もしクラッチオイルを交換していたら、この異変に気がついたはずです。
 

 

ともあれ、これもまたエンデューロだと思い、何度もレバー調整し、何度もエンストしながら、だましだまし最後まで完走しました。最終周の頃には、レバーを一番遠くして、べったりレバーを握っても半クラッチ状態になってました。
 

 

そんなわけで、ラップタイムもリザルトもまったくふるわないものではありましたが、最後まで走って、ハチタイ前にマシンのバグ出しもできたから、良かったことにします。やはり整備は、レース直前ではなく、早めに終わらせないといけないという教訓通りの出来事でした。これからなら、まだハチタイまでに十分に再整備が間に合いますからね。

走り終わったら、ヘルメットのバイザーがなくなっていたくっしーさん
th_IMG_0020_2.jpg
スプロケットのボルトも6本中3本が抜け落ちていたという…

お疲れさまでした!
th_IMG_0022_2.jpg

近藤さん、いい成績でしたね!
th_IMG_0021_2.jpg


th_IMG_0028_2.jpg

 

楽しい仲間達と会えて、へとへとになるまで走って、蕎麦食べて、温泉いって…最高の休日でした。
やっぱりチーズナッツパークは、ワイワイは、いいな。

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
KTMサスペンションオーバーホール、完了です

モンドモトさんから、オーバーホールを終えたサスペンションが返送されてきました。


交換された消耗パーツです


右インナーチューブに修復不能なへこみがあり、交換になってしまいました



トルク管理して組み立てます


マシンが完成!

テストを兼ねて、ワイワイエンデューロに行ってきます!

バッチリ雨の予報ですけどね(´∀`)
| オフロードバイク KTM | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
雨上がりのソロツーリング〜ヒダマリデザイン三周年

7月10日(日)
雨があがったので、バイクに乗りたくなりました。
KTMは整備中なので、CRFでぶらっと走ってきました。

ここははじめての林道。
th_IMG_0857.jpg
残念ながら通り抜けは出来ず、3kmほどのピストン林道でした。

その後はK線へ。
th_IMG_0858.jpg
減ったAC10でちょっと苦労しました。ここはやはり、ツーリストが圧倒的に楽ですね。

先日換えたアンダーガードも、ガツンガツンといい仕事してました。
岩にヒットしてシフトペダルがまたしても…
th_IMG_0861.jpg
鉄だから曲げ戻しできました。やっぱり鉄ですねここは。
しかし、もう数回曲げ戻しているので、そのうち折れてしまうかも…。
こういうところに行くなら、予備を買っておいた方が良さそうです。

I線を抜けて舗装路に出て、そこからはT線を抜けてうどんを食べて、という計画だったんですが、トレランイベントをやっていて、T線にCPがあるため通行止めになっていました。

そこで、当初の思惑とは逆方向から迂回して、あちこち枝道散策。
th_IMG_0872.jpg
th_IMG_0865.jpg
ここも2.5kmほどで最後は行き止まりでしたが、なかなか面白かったな。

結局、逆方向からうどん屋にたどり着いたら午後2時30分近くになってしまいました。営業時間は午後2時までなのでもうだめかと思いつつ、中に人影が見えたので声をかけてみたところ、残り物でうどんが二色ミックスになっちゃうけど、どうぞって(´∀`)
th_IMG_0876.jpg
しかも、稲荷をオマケでつけてくれました!

逆回りして時間稼ぎしている間に、思惑どおりトレランのCPがクローズして、T線が開通。
th_IMG_0877.jpg
th_IMG_0879.jpg
T線を登ってI線、K線を逆走して、R299に戻って、はやめに帰宅しました。

帰宅したら玄関から風呂に直行してプシュ。
th_IMG_0883.jpg
贅沢な休日です。

さて、この日早めに帰宅したのは、もうひとつ大事なイベントがあるからです。
kikiさんがヒダマリデザインを開業して、三周年を迎えたのです!
というわけで、家でささやかなお祝いです。
th_IMG_0889.jpg
th_IMG_0891.jpg
th_IMG_0894.jpg
th_IMG_0900.jpg
実は、昨年はまだ二周年なのに、勘違いして三周年と書いたケーキを注文してしまいました(笑)
今年がほんとの三周年です。おめでとうございます。
まずは、現在手がけているリフォームの仕事、頑張ってね!


 

| 記念日など | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
| 1/248PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE