| 1/7PAGES | >> || TOP
WAVECAST-01 チューナー破損から復活まで
弟夫婦がアメリカから日本のテレビ番組を録画して見るために、WAVECASTという録画装着がうちに設置されている。

以前、内蔵ハードディスクが壊れるというトラブルがあったが、これはより大容量なドライブに入れ替え、以前のディスクのディスクイメージからリカバリーすることで解決した。

しかしながら、今回のトラブルは解決するのに、実に三ヶ月近くも時間がかかってしまった。

壊れたのは外付けのテレビチューナーで、本体側のUSBメス端子が脆弱だったため、本体を動かす際にケーブルに引っ張られてモゲてしまったのだ。そこにUSBケーブルを直にハンダ付けすれば使えるよ、とアドバイスももらったのだが、分解して基盤を見ると、パターンごとむしり取られており、僕のハンダ着け技術では修復は難しいように思われた。同じチューナーが入手できるなら交換した方が早いと思ったのだ。それが、思いがけない長い道のりになるわけだが…。

まず付属していたUSB接続テレビチューナーの型番を調べることにした。試しにWAVECASTの販売店にメールで問い合わせたが返答はなかった。汎用品には間違いないので、プリントされている商品名で検索したところ、ケイアンのKTV-FSUSB2というチューナーであることが分かった。

このKTV-FSUSB2は旧製品で、現在は後継機種のKTV-FSUSB2/V2が販売されている。一見すると、外部テレビアンテナを接続する端子の形状が変わったくらいで、スペックにも違いは見られない。価格も3980円とそう高価ではないため、通販で注文した。


翌日届いたこのチューナーを、早速WAVECASTにつないで再起動。チャンネルをスキャンして…。あ。ダメだ。チャンネルが拾えない。WAVECASTから認識されていないのか?そもそも、ドライバーが違うのだろうか。WAVECASTはubuntuで動作するマシンだが、ユーザーには管理者権限がなく、ドライバーのインストールさえままならないのだ。

そこでこれは、やはり旧モデルのKTV-FSUSB2を見つけるしかないのだろうと、ネットオークションで中古品を探すことにした。
時折出てくるのだが、そのほとんどが改造品と書いてある。改造品?怪しいな…。再び品番で検索すると、このチューナーは、ちょっとしたハードの改造とファームウェア書き換えで、TS抜き録画ができる代物で、それゆえに改造が流行っているらしい。その時は、ふーん、そういうものか、特に関係ないないけど、変な改造品に手を出さないほうが良さそうだな…としか思わなかった。

しかしその後、ネットオークションで手に入れた旧モデルのKTV-FSUSB2も使えず、愕然とした。 いったいどうしたらいいんだ?

そして、ふと気がついた。そもそも、この録画機はデジタル放送をTS抜き録画しているではないか。

ということは…

壊れたほうのチューナーを分解してみたところ、やはりそうだった。改造品だ!


そうとなれば話は早い。ネットでググって見つけたwikiを見ながら、入手したチューナーを分解、半田ごてとカッターでチップ抵抗をひっぺがしてWindowsマシン(といっても、PDでWindowsを動かしているMacBook Airだ)でファームウェアを書き換え。

これをWAVECASTにつないで、再起動したところ…見事認識され、元通りに使えるようになった。

まさか、WAVECASTのような市販録画機が、改造品チューナーを使っているとは思いつかなかった。しかしよく考えたら、そもそも本機はTS抜き録画機なのだから、もっと早くその点に気がつくべきだった。

ともあれ、なんとか復活できてよかったよかった。弟夫妻には申し訳ないことをした…原因究明に時間がかかぅて三ヶ月もお待たせしてしまい、まったく面目ない。
| コンピュータ・インターネット | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
MavericksからMountain Lionへのダウングレード方法(事前にTime Machineバックアップしてなかった場合)
うっかりMavericksにアップグレードしちゃったけど、使えないアプリがあったのでMountain Lionへ戻したい。タイムマシンのバックアップがあればそれで戻せるけど、タイムマシンのバックアップがない…。

という場合の戻し方です。

用意するもの
a)Mountain Lion のインストーラ
もし持ってなければ、こちらから購入(2000円)
b)8GB以上のUSBメモリ
c)外付けHDD(MacOSが入る内蔵HDDのバックアップがとれる容量)

手順
1)外付けHDDを該当のMacに繋いで、Time Machineを今更ながらONにして、バックアップをとる。このドライブは以下の手順の際にも接続したままにする。
2)aとbを使って、Mountain Lionの起動可能USBメモリをつくる。 こちらの説明がわかりやすい。
3)USBメモリから起動(起動時にoptionキー押しっぱなしで選択できる)
4)起動時に出てきたダイアログで、まずはディスクユーティリティーを選んで、OSX Mavericksの入ってるメインのパーティションを初期化。なんか怖いけど、これをやらないとインストールできません。
5)ディスクユーティリティーを終了し、次はOSXのインストーラを選び、初期化した該当パーティションを選んでMountain Lionをクリーンインストール
6)インストールが終わったら、勝手に再起動して、設定画面になる。次へ次へ、とやっていくと、ファイル転送アシスタントが出てくるので、最初にバックアップしたTime Machineのディスクを選ぶ。4つチェックボックスがあるダイアログはすべてONにして転送。大丈夫です、OSはMavericksにアップグレードされず、アプリや書類、設定だけが転送されます
7)そのまま起動すると、見慣れた散らかったデスクトップもそのままに、以前のMountain Lion環境が復活します。

ただし、なんらかの理由で意図的に書き換えたシステムのHostsファイルなんかは初期化されてますので、必要ならふたたび書き換えてくださいね。

作業は以上です。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
| コンピュータ・インターネット | 20:26 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
PCデポの謎
今日は、仕事でPC修理をした。少し前から次第に調子が悪くなり、ついにブルースクリーンでWindowsが起動しなくなったそうだ。ブルースクリーンのメッセージやSMARTの情報から、ハードディスクが壊れていることがわかる。PCの分解清掃と、HDD交換が必要だ。いまは1TB以上のドライブを買った方がお得なのだが、古いPCで事務に使うだけなので500GBでいいとおっしゃる。ネットでみたところ、PCデポWEB本店でWD5000AAKXが5470円。最安値ではないが、店舗で買えば送料もかからないし、これでいいだろう、と、店に行ってみた。同じハードディスクの店頭価格は、なんと7470円。多少違うことはあるかと思ったが、2000円も高いとは想定外だったので、店員を捕まえた。
PCデポは、安さ徹底保証、他店のチラシお持ちくださればその値段にします、と店内にも貼ってあるし、店内アナウンスでも流れているのだから、当然自社のWebの値段で売ってくれと言えばそうなるだろう、と思っていた。

店員に、御社WEB本店でみると、これは2000円安いんですけど、その値段にしてもらえますか?と問うたところ、帰ってきた返事に驚いた。ここでの値引きはできない、ネットで購入手続きをして、受け取り方法をここの店頭受取にしたら、その値段で販売いたします、という。ええ?そんなめんどくせーことを客に強いるのか?

まあ、2000円のためなら仕方ないと、その場でiPhoneを使ってWebで購入手続きをした。返信メールを提示したiPhoneを持ってレジに行くと、確かにWebの値段、5470円で購入できた。
しかし、目の前の客にわざわざネットで購入手続きをさせるなんて、納得のいかない話だ。ネット通販やスマホの操作があまり得意でない客もいるだろうに、その場合は、わざわざ店に来てくれた客にもかかわらず、高い値段で買ってくださいということか? 客を大切にしてるとは言い難い商売をしてるな、PCデポ。

さて話は変わるが、ハードディスクを入れ替えたPCはNECのバリュースターPC-VL500/Eという機種で、もともとはXPで動作していた。今回はハードディスクが物理的に壊れたため、そこにふくまれていたリカバリー領域も使用できなかったので、Windows7 Professional 32bitをクリーンインストールしてみた。古い機種だか、事務仕事程度ならば7でも案外軽快に動作するようだ。また、最新までのWindowsアップデータを順次かけたら、このPCの機器構成に必要なドライバー類もすべてインストールされていたので、すぐに使える状態に復帰した。無事に任務完了だ。
| コンピュータ・インターネット | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
WAVECAST-01ハードディスク交換
WAVECAST-01とは、設置場所で録り貯めたテレビ番組を、PCやスマートフォン、タブレットを使い、インターネット回線を通じて、外出先、海外から視聴できる録画機。詳細は、こちらの販売元を参照のこと。

昨年春より弟夫妻がLAに住んでいる(あっ、LA訪問記が…中断したまま…すみません…)。日本を発つ前に弟がこの機械を購入し、我が家に設置してある。これを使って、遠くLAから日本のテレビ番組を楽しんでいるというわけだ。

このWAVECAST、機能的には申し分ないのだが、しばしばハングアップする。設置直後に数回フリーズした後は、数ヶ月何事もなかったように稼働していたのだが、ここ三ヶ月ほどはまた頻繁にハングするようになった。必ず動画のMP4エンコードの途中で起こるようだ。そのたびに弟からメールが来て、こちらとしてはそうなると電源を落として強制的に再起動するしかないのだが、二週間ほど前に再起動時した際にはついに「Hard Disk:S.M.A.R.T. Status BAD Backup and Replace」のエラーが出るようになった。文字通り、「ハードディスクが壊れかけているから、バックアップをとって交換してください」というメッセージだ。購入から一年足らずでハードディスク障害が出てしまったのだが、WAVECASTの保証期間は三ヶ月なので、保証期間は過ぎている。このロットのWAVECASTに内蔵されているのは東芝のハードディスクだが、とりたてて東芝のハードディスクが壊れやすいということではない。ハードディスクはいずれ必ず壊れるものだ。

PCに詳しいお友達のTak.さんと相談して、結局また東芝のハードディスクを購入した。せっかく交換するので、500GBから750GBに拡張することに。1TBにしても良かったのだが、750GBもあればMP4換算で実に1800時間ほど録画できる計算になる。いや実際は、MP4変換前のテンポラリファイルをストックするワークスペースが必要なので、容量いっぱいに録画できるわけではない。WAVECASTの仕様ページによると、録画時間は750GBモデルで最大1500時間ということなのでおそらくその通りなのだろうが、それでも十分すぎる容量だろう。

ハードディスクを入手してから交換のタイミングをはかっていたのだが、ようやく昨日交換することができた。

ハードディスクが完全に壊れて起動しなくなったのであれば、まず内蔵のハードディスクを入れ替え、WAVECASTに付属してきたリカバリーディスクでリカバリーを行う、という手順になる。この方法では、今までに撮り溜めたレコーディングデータはもちろん一切ない状態でのクリーンインストールになる。

今回のような「ハードディスクの一部がエラーを起こしているが、まだ起動する」ようなケースにてこの方法でリカバリーした場合には、せっかく取り溜めた番組が見れないことになる。より正確に言えば、古いハードディスクのWAVECASTメディアフォルダから直接MP4ファイルを取り出して、ローカルのPS上でMP4に対応したメディアプレイヤー等で視聴することはできるものの、WAVECASTのインターフェイスを通じて海外から視聴することができなくなる。

そこで考えた末に、内蔵ハードディスクのクローンを新しいハードディスクに作成する、という方法をとることにした。この方法なら、新しいハードディスク上に今までの環境をそっくり再現するので、取り溜めた番組もすべて視聴することができる。

WAVECASTはUbuntu OSで動作しているPCだ。よって、Ubuntuのクローンハードディスクを作成する要領でやればいい。引っ越し先のHDDは、SATAやIDEのベアドライブをUSBに変換するアダプタを使用してWAVECASTに接続。 僕が使っている変換アダプタはEG-SATA56という少し前の型のもので、現在は販売されていないのだけれど、同様の製品としてGREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA が販売されているようだ。これはPCのトラブルシューティングやメンテナンスを行う際には欠かせない、持っていて損はないアダプタだ。

WAVECAST本体にはDVDドライブもついていないので、外付けDVDドライブをUSBで接続し、ネットで無料で手に入るUbuntu イメージから作成したDVDからWAVECAST本体を起動。その後の手順は、Yahoo知恵袋のページ、chandler4188さんによる「インストール済みUbuntu12.04のクローンHDDを作成する。」 に従って作業する。

注意すべき点は、「�ddrescueをインストールする。」の作業では、WAVECAST本体にインターネット接続環境が必要だということだ。この作業では、自動的にインターネット上のUbuntuコンポーネントアーカイブが置かれたいずれかのサーバーに接続し、ddrescueのコンポーネントを取得してから、それをインストールするからだ。

その点だけ留意すれば、あとは上記ページに書かれている通りに作業するだけだ。








500GBのハードディスクのクローンをつくるには5時間以上かかった。内蔵ハードディスクにはどうやら不良セクタが4つあったようだが、引っ越し先の新ハードディスクのファイルチェックでは問題が見つからなかったので、まあ大丈夫だろう。

かくして復活したWAVECAST-01は、容量が750MBにアップしたばかりではなく、動作が非常に機敏になった。おそらく、不良セクタの発生によってデータの読み書きに何度もリトライが繰り返されており、それが動作を鈍らせていたのだろう。

今回のハードディスクの不良セクタ発生については、運が悪かったという言い方もできるが、今にして思えば、就寝時には人がいない僕の部屋に設置しているため、このところの、特に朝方の気温の低さが少なからず影響したのかもしれない。ハードディスクは高温に弱いという印象があるが、実は低温にも弱い。低温によりハードディスクの流体軸受けのグリス粘度が高くなると、起動時にはスピンアップ不足、また動作時にもトルク制御多発によるデータ破損・不良セクタ・アンコレクトセクタなどの発生が起こりやすくなるそうだ。(参考ページ
サーバー専用ルームのような徹底した温度管理はできないが、留意しておこう。今夜は雪が降るようだから、少し設置部屋を暖めてから寝るとするかな。いずれにしても、小さい筐体の中で2.5インチハードディスクが24時間休みなく稼働しているのだから、長くても2年程度の寿命と考えておくのがいいのだろう。

JUGEMテーマ:コンピュータ
WebRep
currentVote
noRating
noWeight
| コンピュータ・インターネット | 21:04 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑TOP
Windows 2003 Server
昨年末にネットワーク構築を請け負ったとある小さなオフィス。
依頼主からの希望で、会社の外から社内ネットワークに接続、ファイルサーバーを参照できるようにしてほしいとのこと。従業員数15名ほどだから、VPNで同時接続する人数はせいぜい3姪程度だろう、と考え、VPN+ファイル共有サーバーを普通のWindowsOSで運営してみることにした。Windows XPの場合、たしかVPN(PPTP)の同時接続数が「3」だったはずだ。今回なんとなくWindows XPではなくWindows7で構築してみたところ、VPN(PPTP)の同時接続数が「1」、つまり誰かがログインしていると、もう誰も接続できない仕様だったので、困ったことになった。

そこで、このサーバーはファイル共有専用サーバーとし、別途もう一台VPN接続専用機を置くことにした。とはいえ、ハードウエア的にはそこらにあった古い部品を集めて、ロースペックのPC(Celeron2.66GHz RAM512MB)を組み立てただけだ。NIC(ネットワークインターフェースカード)はシングルの構成。ただし、OSはサーバー専用OS、Windows 2003 Server をインストールした。

設定には少々難しいところはあったが、無事VPNサーバーとして稼働。サーバ専用OSだけあって、VPN(PPTP)同時接続数はデフォルトで127(笑)なので、これでもう困ることはない。むろん、ほかにもいろいろなことができるOSなので、暇をみていろいろ試してみたい。
| コンピュータ・インターネット | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Gateway GT5082j 修理&アップグレード
ハードディスクが壊れたので、修理してほしいとの依頼を受けたPC。
Gateway GT5082Jという機種で、CPUはCore2Duo E6300(1.86GB)なので、まだ現役で使えそうだ。PCを修理する場合には、修理代が買い替え価格を上回ることがないように、まずは修理予算を設定する。今回は15000円以内(ハードウエアの価格。OSは別)と決めて、ハードディスク1TB + メモリ4GBにアップグレードすることにした。

ハードディスクはSEAGATE ST1000DM003 (1TB)に交換。送料を加算して9424円。タイの洪水の影響で値上がりする前なら、同じ予算で2TBが買えたのだけれどね。メモリーは、もともとついていた512MB x 2 に、シリコンパワー 240pin/DDR2 800/PC6400/2GBx2枚(送料込3230円)を追加し、合計5GBとした。

この構成にした上で、Windows7 Professional 64bitのCDから起動し、インストールを試みた。しかし、インストールの最後に「このコンピューターのハードウェアで動作するように Windows を構成できませんでした」のエラー。

BIOSの設定でHDDのSATAモードを見るとRAIDになっていたので、これをまずはAHCIに変更。しかしそれでもインストールできなかったので、再びBIOSに戻ってHDDのSATAモードをIDEに変更してみたらインストールできた。…後から調べたところ、これはSP1の当たっていない、古いWindows7インストーラの問題のように見受けられる。ならば、インストール時にUSBメモリで最新RAIDドライバを追加するというこちらの記事の方法論のほうがスマートだったかな。

ようやくWindows7で起動したものの、亀のように遅い動作に辟易。IEを立ち上げてもなかなか立ち上がらず、すぐに「応答なし」になってしまう。システムはちゃんとメモリを5GB認識しているし、ハードディスクも大容量かつ高速になっているのに、なぜこんなことに?と、一日悩んだのだが、ふと思い立って最初についていた512MB x 2のメモリをはずしてみたところ…これがビンゴで、とても軽快に動作するようになった。ネットサーフィンとちょっとした仕事にはまだまだ現役で使えるレベルだ。

増設メモリがPC6400であったのに対して、もともとついていたメモリがPC4200のメモリだったせいなのか、それとも、4GBを超えるメモリを搭載すると不具合が起きるのか?できれば空いた2スロットに、同じ2GBメモリを二枚追加して合計8GBにして、正常に認識、動作するかも検証してみたいところだな。

| コンピュータ・インターネット | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Windowsにて簡易PPTPサーバ構築…で失敗
15人程度の小さな会社用に、Windowsマシンを使ってPPTPサーバを構築した。
ざっくり言えば、Windowsに標準装備されている着信接続機能というのがPPTPサーバ機能であり、これを適切に設定し、ルータの方も適切に設定してやると、インターネットを通じて外部から社内LANに接続できるような仕組み。接続してしまえばあとは社内にいるとき同様、会社のファイルサーバーを閲覧することもできるわけだ。

今回、PPTPサーバとしてちょっと古めのWindowsマシンを使用することにしたのだが、OSは新しいもののほうが、PPTPサーバ機能の面でもセキュリティの面でも進化しているだろうと勝手に思い込んで、Windows7Professionalを導入した。

ところが、完成して運営をはじめてから、なんと二台以上のPCからVPN接続が同時にできないことに気がついた。そんなばかな、と思って調べてみたが、なんとWindows7ではPPTPサーバー機能は、同時に複数の接続はできない「仕様」だという。WindowsXPでも、同時に三台は接続できたはずなのに、これでは進化どころか退化ではないか。

とりあえず、この会社の場合、同時に三台は接続できないと困る場合があるのだが、かといって仮運営をはじめたVPN&ファイルサーバーを停める訳にもいかない状態なので、後日、会社の休日を狙ってサーバーPCを一日預かり、OSをXPに入れ替えて再構築の予定。OpenVPNなどを導入するという手もあるのだが、やはりWindowsやMac、iPhoneからも専用クライアントソフトなしで接続できるVPNサーバーを構築するには、Windowsの標準着信接続機能を使うのが良い選択なのだとぼくは思っている。
| コンピュータ・インターネット | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
sutemaruさんのPC引っ越し
以前住んでいたアパート、八雲荘の管理人sutemaruさんのパソコンの調子が悪くなり、買い替えることになった。このPCは僕が結婚した年かその翌年あたりにBTOでつくったもので、途中でなんどか不調になったものを騙し騙しもう6年以上使っているので、そろそろ買い替え時期だ。

年末〜年始にHPの福袋セールをやっていたので、ご自身でこのパソコンを注文してもらった。福袋なので中身はわからなかったのだが、実際に届いたのはこのモデル。

Compaq Presario CQ1-2120jp

Windows7で起動してちょっと触ってみた感想はというと…液晶画面が20インチと大きくてきれいなのはいいのだが、期待していたよりはやや動作がもったりしている。


メインメモリが2GBで、その一部がビデオメモリに使われているため、実質1GBほどしか使えないのだろう。また、プレインストールされている常駐アンチウイルスソフトNortonのせいもあるかもしれない。メモリをさくっと増やしたいところだが、今回はその時間はない。
次回への覚書:使用メモリ DDR3 SODIMM PC3-10600 (DDR3-1333) 204ピン

なにはともあれ、旧PCからのデータ移行をしなければならない。

まず、二台のパソコンを起動した状態でNTTのルータに繋いで、ネットワークごしにデータ転送を…と思っていたら、その段階でいきなりつまづいた。あると思っていたルータがなかったのだ(苦笑)。ネットワークケーブルは持参していたのだが、まさかルータがなくなっているとは予想外だった。

聞けば、昨年からネット環境をNTTではなく東急ケーブルに変えたのだそうだ。東急ケーブルのModemはルータ機能がなく、当然Ethernetケーブルも1ポートしかない。
ルータがなくとも、クロスケーブルかネットワークハブがあれば、DHCPを使わず直接手動でIPアドレスを割り当てることでデータ転送できるが、あいにくクロスケーブルもハブも持っていない。

しかたがないので、外付けUSBハードディスクを使うことにした。Windows転送ツールでなにもかも移動するととんでもない時間がかかることはわかっているので、ドキュメントの類は可能な限り手動で外付けUSBハードディスクに保存した上で、メールやアプリケーション設定などをWindows転送ツールで引っ越し。

Windows転送ツールでの引っ越しデータ量は25GBほどなのだが、これがえらく時間がかかった。旧PCのデータをUSBハードディスクに保存する段階で一時間半以上、新PCにつなぎ換えてのデータ移行にまた一時間以上。なにしろ、Windows転送ツールの転送時間が、プログレスバーが進むに連れて増えていく。

このまま増え続けるなら、永遠に終わらないことになるな…。

Windows転送ツールでは、以前はXPのOutlookExpressのデータがWindows7のLiveMailに自動で転送できなかったと思ったけれど、最近はできるようになった。しかしながらアカウントの設定はくるけどパスワードは再入力を求められる。普通に再入力すればいいんだけど、sutemaruさんがパスワードがわからないというので困ってしまった。仕方がないのでまたもとのPCに戻って、Outlook Expressから手作業でアカウントをエクスポート、インポートしなおすことで、パスワードごと引っ越しできた。

その後も、FFFTPのログイン方法がわからないとか(これも旧PCで設定を確認してなんとか乗り切った)、mixiにログインできない(結局ログインのためのメールアドレスが間違っていた)など、いろんなトラブル…ほとんどは、パスワードや設定のメモがどこにあるのかわからないという類…をひとつづつ解決し、午後二時半からスタートした作業のすべてが終わったのは夜中だった。このブログは日付が変わる前の23時55分に書いたことにしているが、実際は日付が変わってから帰宅したのだ。休憩をはさみつつも、実に10時間くらいかかったかも。けっこう大変だったなあ。

そんな疲れを癒してくれたのは、sutemaruさんちに新しくやってきた三姉妹ワンコ。






寄り添って眠る姿に、萌え萌え〜
| コンピュータ・インターネット | 23:55 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
100円ショップのワイヤーネットでデスク下ケーブルをスッキリ整理
ダイソーで購入できるワイヤーネットとカゴ、ナイロン結束バンド、ケーブルチューブ、フックなどを使って、机の下でごちゃごちゃしてしまうPC関係の配線をスッキリ隠す技を実践してみました。
(画像はクリックで拡大します)


ああ、すっきり。
なおこれはオリジナルのアイデアではありません。
詳しくはこちら(元ネタ)をご覧ください。
100円ショップのワイヤーネットはデスク下ケーブル整理に最適
| コンピュータ・インターネット | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ヒューレットパッカードにて、新春福袋PC販売中
こちらのページで、かなりお得なセールをやっています。

15インチノートPC ¥33,075 
11インチモバイルノート(HDD)¥35,700 
11インチモバイルノート(SSD)¥35,700 
デスクトップマシン(モニターも含め)¥29,820 など 

送料が3,150円と少々お高めですが、それを加算しても安いですね。
| コンピュータ・インターネット | 14:26 | comments(7) | trackbacks(0) | ↑TOP
| 1/7PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE