| 1/4PAGES | >> || TOP
セロー225 二号機 ドライブシャフトオイルシール交換
Y2XC後の整備が終わって、エンジンを始動して数分後。ドライブスプロケットの根元からオイルが大量に漏れてきました。

スプロケットを外して確認…
これは、はみ出したシールを手で再び押し込んだあとの写真ですが、ほぼ完全に外側にシールが抜けてました。

ここは、セロー225でもTTR125でもよく抜けるシールなんですよね。レース中に完全に抜けなくてよかった。

新しいシールに交換。


打ち込み前には、まずケース側をパーツクリーナーで脱脂の上、シール外周面へロックタイト(はめ合い用耐熱)を薄く塗布して組み込みました。


シール打ち込みには、不要になったKTMのリアホイールカラーがぴったり。


最後に外側からアルミテープを貼り、シール飛び出しを予防しました。


これは、ストレンジモーターサイクルのADTacさんに教えて頂きました。

出先でシールが飛び出したりすると大変なので、セロー一号機も近いうちにシール交換&飛び出し予防策を施しておこうと思います。
| オフロードバイク SEROW | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー二号機 整備記録

6月4日にハイブリッドさん主催の「泥んこ走行会」に,セロー二号機で出る事になったので、気になるところを整備しました。

 

まず、どうも効きが悪いフロントブレーキを整備する事にしました。

キャリパーを分解清掃

キャリパーのシールを交換

マスターシリンダーのピストンとダイヤフラムも交換

ブレーキホースをステンメッシュに交換

これでばっちりブレーキが効くようになるかと思いきや、そうでもなく…

どうも、パッドが油分を吸ってしまっているようです。

手持ちに新品パッドがあったので交換すると、効くようになりました。もしかしたら、キャリパーやマスターシリンダーのオーバーホールまでは必要なかったのかも。しかしながらいずれはやることになる整備なので、早めにやっておいたと思う事にします。

なお、油分を吸ったブレーキパッドは、ガスバーナーで油分を焼くと再利用できる場合があるそうですので、それはそれで後日時間があるときに試してみます。

 

昨年Y2を走った際に、手首が返るほどにスロットルを開けないと全開に出来なかったので、一号機と同様のYZ85用スロットル&ワイヤに変更し、ハイスロにしました。

それに伴い、グリップゴムを新調

 

軽快なハンドリングと軽量化を狙ってオープンエンドガードにしているので、レバーを可倒式に交換しました。

バッテリはもちろん軽量なリチウム。補充電しておきました。

シートが滑りやすい素材だったので、滑りにくいカバーに張り替えました。

 

セローおじさんこと石川さんに「カモシカマークがないとセローじゃない」って言われたので

ステッカーをつくって貼りました。

あまり耐久性はありませんが、プリンタで作れるので時々張り替えるという事でOKです。

 

もちろん、エンジンオイルも交換しました。

とりあえずこれで、Ready to Race な状態になりました♪

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク SEROW | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー メンテナンス記録
数日前から、ドライブシャフトからオイル漏れしはじめていたセロー。ここは225セローの持病みたいなもので、よく漏れます。

スプロケを外してみると…シールプーラーを使うまでもなく…

シールが、完全に浮き上がってます(´ー`)

このまま押し込めば大丈夫なような気もしますが、そこはケチらず新品シールに入れ替えました。


エンジンオイルは半分抜けちゃってましたので、全交換です。

リアブレーキパッド、いい感じで無駄なく使い切っちゃってました。

手持ちがあると思ってたけど、新品はフロントのパッドしかない…。
前回の交換でとっておいた、残り1.5ミリのパッドを取り敢えず装着。

これでしばらくは乗れるので、その間にパッド買ってこよう。

スコーピオンはライフ短かったね。

中古のツーリストに交換。

トランポ使うツーリングに行くならエンデューロタイヤとかモトクロスタイヤとかもいいけど、自走で林道や山ツーリングに行くなら、やっぱりツーリストですね。ライフが長くグリップも良く、路面も荒らしにくいのだから言うことなし。

さてこれで、日曜日にツーリングにでも、と思ったら、関東近郊の降水確率が50%に…。うーむ。どうしようかな。雨覚悟でツーリングに出かけるか、それとも河川敷で地味練にするか悩むところだな。
| オフロードバイク SEROW | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー225W フォークブーツ交換 & フォークオイル交換
バイクに乗りたかったのですが、生憎の雨。
そこで、セロー225のフォークブーツが左右とも破れていたので、交換することにしました。
純正のフォークブーツは、なんと左右で5000円以上するので、社外品を探しました。
みつけたのがこれ。

RANCHO ショックブーツ



もともとは、四駆のショック用ブーツだそうです。
一本800円(税別)x2本 +送料590円だったので、合計2270円。純正の半分以下の値段で購入できました。近くに四駆系のカスタムカーショップがあれば、店頭で購入できるかもしれません。

フォークブーツ交換のためには、フォークを車体から取り外す必要があります。それなりに面倒な作業です。


とりはずした古いフォークブーツとRANCHOブーツの比較。純正フォークブーツの方が蛇腹のピッチが細かいですね。


せっかくフォークをはずしたので、この機会にフォークオイルも交換します。

中央のボールの中が抜いたオイルです。劣化して真っ黒でした…

セローの場合、スプリングはピッチが細かい方が「下」ですね。


純正フォークオイル、G-10です。抜いたのは真っ黒でしたが、本当はこんな色なんですよね。
セロー4JG2の場合は、フォークオイル量394cc、油面106mm。1Lのフォークオイル一缶で足ります。


油面調整は、自作のこんな道具を使っています。


油面あわせて、スプリング、ワッシャー、カラーを戻してフォークトップボルト(要するに蓋ね)をネジこんだら、新しいフォークブーツをつけて完成。

ネットで調べたところでは、細い方は内側のリップを切り取る必要があるとか、下側にエア抜きの穴をあける必要があるとか書いてあったんですが、結論としてはどちらも必要ではありませんでした。細い側に関しては、シリコンゴムが良く伸びるので、リップを切らなくてもそのまま入れられます。

また、エア抜き穴に関しては、下の太い方には二箇所にこういうスリットが入っていますので…

下の平らな部分でアウターチューブにタイラップどめしてやれば、ブーツの二箇所にU字の穴があいている状態になり、これがエア抜き穴になります。


黒にしようか青にしようか迷ったんですが、kikiさんの希望で黒にしました。


うん、どうやら黒で正解でしたね。すっきりしていて、精悍なイメージです。


そうそう、車体にフォークを組み付けた後は、フォークトップボルトの本締めをお忘れなく。

JUGEMテーマ:車/バイク
 
| オフロードバイク SEROW | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セローにPWK28

セロー225キャブレター交換(PWK28)です。












ま、そんな感じ(´∀`)で出来上がり。
すっごいレスポンスいいよ。ビックリ。

| オフロードバイク SEROW | 12:46 | comments(7) | trackbacks(0) | ↑TOP
セローのバッテリー復活
過放電で復活不能もあり得ると思われたセローのバッテリー。安いバッテリーチャージャーは、バッテリー本体の電圧が6ボルトを下回ると、出力ブレーカーが落ちてNGとなり、充電すらできないのですが…

チャージャーの出力ブレーカーを無効にしてチャージャーを騙くらかし、無理やり充電スタートさせて、で復活ヽ(・∀・)ノ
なにしろ8月に変えたばかりのバッテリーだから、交換するには忍びないんだよね。戻ってきて良かったよ。

さて、週末はチーズナッツですよ。
| オフロードバイク SEROW | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ついてて良かったキックセット
出先でセローのキーを抜き忘れ、オンのまま数時間放置。完全にバッテリーあがっちゃいました。ニュートラルランプもつきません。



オプションのキックセットをつけてあるので、キック始動で帰れたのは不幸中の幸い。
ライトと尾灯はなんとか点くけど、ウインカーが点滅しないので、手信号で帰宅しました。
| オフロードバイク SEROW | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー整備記録 タイヤをツーリストに交換
北海道ツーリングで使ったまま、かなり減っていたセローのタイヤを、前後ともにツーリストに交換した。新品ではなく、サントレで使ったあと、ガレージに置いてあったものだ。それに伴い、フロントスプロケを13に交換。そう、ちょうどkikiさんが一番バイクに楽しく乗れていた最後のサントレのときの仕様になったというわけだ。これで、五日の栃木林道じゅんぱぴツーリングを、より楽しんでもらえるかな。


エンジンオイルも交換した。リアのブレーキパッドがかなり減っているが、手持ちがなかったので、交換できず。今回のツーリングは、まあギリギリなんとかなるかな。
| オフロードバイク SEROW | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セローのホースがもう一本
先日、セローのフロントブレーキにステンメッシユホースをつけて見たのだか、翌日明るいところで見てみたら、変なことに気がついてしまった。

バンジョーのメッキがきたない。気泡のようなものでデコボコ。

販売にこのバンジョーの写真を送ったら、すぐに代替品を送ってくれることになった。良心的な対応だ。

メッキの品質がいまひとつ信用ならないので、結局青赤アルマイトのホースに変えてもらうことにした。しかし、作業はなかなか面倒だから、もう一回付け替えるのはしばらく先だろうな。

| オフロードバイク SEROW | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
本日の課題2: セロー フロントブレーキオーバーホール その2(越年)
その1は昨年10/7だった。
マスターシリンダーの方を分解、清掃、新品パーツでくみ上げてオーバーホールしたものの、ピストンのひきずりが治らなかったのだ。なにしろ、1995年のバイクだ。それ以来一度もオーバーホールしていないであろうキャリパーなのだから、ピストンのもみだし(シリコングリスを塗り、出し入れ)などで誤摩化すのではなく、この際キャリパーのほうもオーバーホールしようとことパーツをとりよせたところで、再骨折したのだった。

ようやく、腕が整備ができる程度には回復し、三ヶ月ぶりの作業再開が実現した。

こちらがキャリパーのOH用パーツ。
34X-W0057-00 .ピストンアセンブリ,キヤリパ 4,368円

ついでに思い切って、ステンメッシュホースに変えてみることにした。
サスペンションのストロークが大きいオフロードバイクにおいては、柔軟性や耐久性においてゴムホースよりもステンメッシュホースのほうが良いとは言い切れないためちょっと思い悩んだのだが、モトクロッサーに比べれば圧倒的にサスストロークの少ないセローであれば良い結果が得られるかもしれないと思い、やってみることにしたのだ。ノーマルホースも、間違いなく発売当時から交換されておらず、17年使っているものだしね。改めて考えると、ノーマルパーツの耐久性というのはすごいものだな。

アールズのような銀ホースに青赤バンジョーのメッシュホースもかっこいいのだけれど、あくまでさりげない感じのカスタマイズにしたいと思い、黒いメッシュホースを選択してみた。

このホースはセロー225/250用として販売されているもので、片側のバンジョーが角度付き、片側がストレート。セローのノーマルは両側が角度付きだったので、マスターシリンダーかキャリパー側のどちらを角度付きにすべきだろうと思ったのだが、取り回しの関係で、マスターシリンダー側を角度付きにするのが良いという結論に達した。


取り回しはノーマルと同じ。

ただし、ホースガイドに収まる部分は、ノーマルホースからゴムチューブなどを取り外して(切り取って、というべきか)、ステンメッシュホースにこれらを取り付けた。




キャリパーのOHも完了。赤茶色の付着物は、組み付け用のペースト。
分解〜清掃〜組み付けと手順はちょっと複雑だが、途中の写真は割愛。
組付けの際、新しいシール&ピストンは、手で楽に押し込めた。
トレールバイク特有の、ピストン用ダストシールの取り付けがちょっと面倒だった。

フルード入れて、エア抜きして、作業完了。
ブレーキパッドは、パッドがベースから剥がれる現象が二度もおこってすっかり使う気がなくなったヤマシ○から、安価ながらISO9002取得で安心感のあるNTB製に交換。

これでタッチはかなりカッチリしたが、実際の制動力はまだ体感していない。実際に乗ってみてどうなるのか、試運転が楽しみだな。
| オフロードバイク SEROW | 22:58 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑TOP
| 1/4PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE