| 1/25PAGES | >> || TOP
2016 SUGO 2DAYS 参戦 - DAY2

過酷なレースだからこそ、翌日も頑張るためにはおいしいご飯としっかりとした休息が必要ですね。

姫丸さんに宿をとってもらって、大正解でした。

一日目の過酷なレースをなんとか生き残ったので、なんとしても完走したい二日目。

雨はあがっていましたが、それ故に泥は粘り、より重く滑る状態になっていて、昨日より路面条件は悪くなっているとのこと。

昨日リタイヤした選手は、整備をした上で再車検を受けます。

 

朝の公式通知にて、ルートはすべて舗装路になること、承認B/Cクラスはエンデューロテストがカットされること、さらに承認Cクラスは1周減(3周→2周)となることなどが発表されました。

 

つまり承認Bクラスは、周回数は昨日より一周少ない3周で、エンデューロテストなし、ルートはすべて舗装路ということです。よほどひどい状況になったとしても、クロステストが走破できないということはないし、エクストリームテストはタイムをよくばらずに通過するだけなら誰でも出来る。これならまず、完走を逃すことはなさそうです。

 

ワークタイムでしまちゃんに手伝ってもらって給油とラジエター補水を済ませ、走り出した一周目のクロステスト。はじめはなんでもなかったのですが、次第にエンジンのふけ上がりが悪いような、アクセル開度にバイクがついてこないような違和感を感じました。舗装を横切った直後のヒルクライムで、アクセルをあけても失速してしまって登れません。半クラッチを使って無理矢理上まで登りましたが、ここでエンストし、クラッチを切って押してもバイクが動かないことに気がつきました。

 

後続車の邪魔にならないようにバイクをできるだけ端に寄せ、キャメルの水を一口飲んで、頭を冷やしました。ここでリタイヤするわけにはいかない。どこにトラブルが起こっているのかを考えました。エンジンはかかる。クラッチをつなぐと停まる。…スタンドで浮かせてリアタイヤを回そうとしても、まわらないのです。リアブレーキが完全にロックしていました。前日、エアを噛んだ状態でロッドの部分で遊び調整をし、後でエア抜きをしたため、遊びがまったく取れていなかったのです。そのせいで、少し走ってパッドやフルードが熱を持ち膨張した時点で、リアブレーキが完全にロック状態になってしまったようです。

 

ウエストベルトをほどいて工具を取り出しました。リアブレーキの遊び調整には10mmスパナが二本必要ですが、僕が持っているのはKTMの車載工具で、それには10mmのスパナが一つしか含まれていません。さてどうしようか。片方のナットをペンチで挟んで、祈るような気持ちでえいやっ!ともう一方のナットを回したところ、ナットが緩みました。これでようやく、リアブレーキの遊びが調整でき、先に進むことができるようになりました。

 

トラブルが起きたときに、いかに対処し、レースを続行できるか。ラリーやエンデューロに求められるスキルのひとつで、ともあれこの課題をクリアできたことにほっと一安心しました。しかしながら、ルートならともかく、ここはクロステストの中です。この時のロスタイムは大きく、クロステストの通過には20分以上かかってしまい、ここで僕の順位は四位から五位へ後退しました。

とはいえ、そのあとのTCへの移動はすべて舗装路で、エンデューロテストもカットされているので、中間TCへはそれでも20分近くの時間を残して到着。

 

エクストリームテストは、無難なライン取りながら、はじめて一度もつっかからずに通過できました。

ブレーキも治ったし、次のクロステストはもっと頑張るぞ!…と思って、本部に戻ったところ、ピットの入口でオフィシャルにバイクを停められ、そしてこんなことを告げられました。

 

「コンディション悪化のため、承認クラスは1周になりました」

 

一周減算で二周になる、なんてことはあり得るかと思ったけれど、まさか一周で終わりになるとは、なんとも…ちょっと拍子抜けしました。どうやら、承認クラスのライダーがクロステストの途中で多数スタックしていることが、競技の妨げになったようです。エンジョイライセンスで参加できる承認クラスは、エンデューロ選手権を真剣に戦うライダーに混じって「出させてもらっている」立場なので、こういう措置が起こったときには文句は言えないのですよね。

 

まあ、これでファイナルクロスをスタートすることができれば、「完走」になることが確定したわけです。

訂正:「スタートラインに並ぶことができれば完走」だそうです。

 

大幅にカットされたため、あまりに長いファイナルクロスまでの待ち時間…。

 

「ファイナルクロスをスタートすることができれば完走」と書きましたが、実際に今回も、ファイナルクロスをスタートできなかったために完走にならなかった選手が二名いました。エンジンがかからなかった選手が一名、サイティングラップでバイクが壊れた選手が一名…。何があるか最後までわからないのがレースですね。

 

訂正:「スタートラインに並ぶことができれば完走」だそうです。なので、この二人の選手も完走でした。お詫びして訂正いたします。

 

そして僕はというと、B/C/W混走でのファイナルクロスのスタートは五番手あたりで飛び出したものの、第四コーナーで前走者にぶつかってエンストしたあとになかなかエンジンがかからず…。そのままラップされるまで再始動できずに、最下位でチェッカーを受けるというありさまでした。9:26のタイムチェック+ワークタイム15分から、ファイナルクロスまで三時間以上パルクフェルメで放置され、その後スタート直前までエンジンがかけられないため、十分に暖気が出来ていなかったのかもしれません。

 

ともあれ、ちゃんとスタートは切り、遅いなりにチェッカーも受けて、これでようやく2016承認Bクラスを完走したわけですね。

来年は、JEC東日本エリア戦にはすべて参加したいと思うのですが、承認Bでしっかり入賞できる力をつけるか、あるいは成績は残せなくともナショナルクラスに参戦してみるか。冬の間にしっかり練習して、体力もつけて、来春の「深山クロス」までに結論を出さなくちゃですね。

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2016 SUGO 2DAYS 参戦 - DAY1

三年ぶりに、SUGO2DAYSに参加しました。

前回は承認Cクラスでしたが、今回はひとつ上のクラス(あくまで自己申告です)の承認Bクラスです。

まずはマシン整備です。

 

事前整備では、リアタイヤの選択で悩みました。フロントはIRCのiX-09Wを選択。これは間違いの無いタイヤです。問題はリアタイヤです。

SUGOにはTR-011ツーリストが相性がいいとのことで、はじめはまったく迷わずツーリストを選択しました。装着する際には、はじめて「TUBLISS」というチューブレス化キットを導入しました。

しかし、本番数日前から、初日が雨になるという予報になり、当日が近づくにつれ、降水確率は下がるどころか上がる一方。本当にツーリストで大丈夫だろうかと心配になり、ギリギリで別のFIMタイヤを注文しました。

 

けれども、ADTacさんの「SUGOのマディはツーリストで大丈夫」という言葉を信じて、最終的にはそのままTUBLISS +TOURISTでいくことにしました。

 

前日に下見をしました。

エンデューロテストの難易度が高そうだな、という印象。エクストリームテストは、速く走れるかどうかはともかく、どうやってもいけないところはないかなという感じ。まあ、あくまでテストですからそんなところは使いませんよね。クロステストは、1/3程度下見したところで日没となりましたが、まあ八耐で走ってたルートと似てるんじゃない?ってことでさほど心配にはなりませんでした。

 

いつもは車中泊が多いのですが、スゴーは寒い時期のレースだし、体力勝負なところもあるので宿で十分な休息をとりました。

 

DAY1

当日朝に配布されるライダーごとの設定タイムを「いぐべとーちゃんカード」に記入。

これに従ってスタートし、タイムチェックを受けます。

指定時間にTCに間に合わなければ、「遅着」としてタイムが加算されます。

 

車検を受け、パルクフェルメに入れるまではまだ曇り空だったのですが、まるで狙っていたかのように、スタート直前から降り始めた雨。前回出たときの教訓で、「時間はタイトなので、ルートだからといってあんまりのんびり走っていては遅着するかもしれない」と思っていたので、クロステスト、ルート、エンデューロテストも自分なりにある程度スピードを出して速度で通過しました。

 

とはいえ、一周目はまだ路面があまり濡れていませんので、それほど気にせずに走ることができます。クロステストや、テストを終えた後の間のルートもこの時点では難しいところはなく、テニス裏もすいすい登ることができて、エンデューロテストに到着。

 

エンデューロテストでは、前日を下見をしたにもかかわらず、下見の際に「こっちにいったらめんどくさいな」と思ったほうに入ってしまいましたが、一周目はタイム計測がないので焦らず対処。下見ですごく難しそうだったキャンバーの下りが雨のためにカットされていたのでほっとしました。

 

エンデューロテストが終わってからは、TCまでずっと舗装を走ります。どのくらいの時間がかかるのかわからず、やや焦りながら走ったものの、結局のところ一周目の中間TCには五分以上の余裕をもって到着。一周目は、たくさんのライダーが早く到着して、時間調整をしていました。このときには「あれ、今日の時間設定は全然余裕があるじゃない。すりばち周辺ルートやテストのキャンバーがカットされたからかなあ」と、まだ余裕を持っていました。

 

中間TCを受けて、はじめてのエクストリームテストに挑戦。…思ったようには走れず、ちょっとスタックしてしまいました。まあでも、一周目は下見ですから。こんなもんでしょう。

 

本部に向かうルートは、舗装が八割ですが、一カ所「ここは下見してくださいね」といわれていたダート部分があります。しかしここも雨でルートの幅が広げられていたのか、さほど困難を感じるところもなく通過することができました。

 

そして、舗装を走りながらピット・本部TCへと向かった訳ですが、この時点で泥でカードホルダーが汚れていて、数字を見誤っていました。TC2 11:21と書かれているように見えて…ピットエリアに入ったのが11:19ごろ。どうもギリギリなので、僕らのピットにいたしまちゃんをちらっと横目で見ながらノンストップで通過。あーゴーグル交換したかったなあ…。そして11:20に本部TC前について、一分時間調整したらTCだな、と思ってカードホルダーの泥を拭って良く見たら、11:26と書いてありました。五分も余裕があった!やっぱり、ピットインしてゴーグル変えれば良かったなあ。

 

ともあれ、一周目は中間TC、本部TCともにおよそ五分前に到着し、余裕をもつことができたので、今日は思ったほどコンディションは悪くないのかもしれない…と、このときはまだ思っていました。

 

二周目に入って最初のクロステストは、自分としてはいつになく気持ちよく走ることができました。途中のちょっとした登りでバイクがスタックしているのが見えたのですが、思い切って空気圧を下げたツーリストで、ここも比較的簡単にクリアできました。

 

しかし、このあと、エンデューロテストに向かうルートで、ヒルクライムにて渋滞が発生していました。登りきったところで、右がIA/IB、左がその他のクラスに分岐するヒルクライムです。ヒルクライムの真ん中までは登れそうなのに、その先で渋滞している模様。下で待っている人も少なからずいましたが、そこにいても仕方ないので、前にどんどん出て、まずは中間地点まで登りました。

 

中間地点の左側にちょっとしたスペースがあって、10台ほどのライダーがそこで左、つまり登りたい方向ではないほうを向いて停まっています。どうやら、「ここは無理」と諦めて、コースカットになるのを待っているようです。おそらく、どうやら左を向いて登ることを諦めていたライダーの多くはこの時点でまだ一周目で、そこから先に進めていなかったようです。

 

…本当にコースカットになるの?いつコースカットになるかもわからないのに、そんなことしてたらオンタイムどころか、ペナルティタイム30分(勘違いしてました。ほんとは60分でした)にさえ間に合わなくなっちゃうんじゃないの?…僕は「待たない」と決めました。どうにも無理かというとそうでもなさそうだったので、轍にタイヤを入れて、もがきながら上を目指しました。あと2mで登りきれるというところで前にいた、tmに乗ったライダーさんが停まってしまったのですが、ここで二人で助け合ってバイクを上にあげてしまうことにしました。これもまたエンデューロです。

 

助け合って二台とも上げて、さあ行こうと思ったところに、IAゼッケンのバイクが上がってきて、僕らと同じように約2mを残して転んでしまいました。がべちゃーんと呼ばれてみたらBIGMANさんでした。BIGさんのリカバリーをお手伝いしてから、先を急ぎました。この渋滞でロスタイムが20分ほどはあったので、まずオンタイムは無理だろうということはわかっていました。

 

テニス裏も荒れてるかな?と思ったのですが、正面の最短ルートでずばっと登ることができました。なんとか最低限の遅着で済ませたいところです。

 

しかし焦るとろくなことにはならないわけで、二度目のエンデューロテストは入口のターンがカットされていたのですが、その簡単になっていたはずのターンで転び、木にフロントタイヤが引っかかってしまいました。リカバリーに時間がかかってしまい、あーもうテストなのになにやってんだ!と思いながら先に進みました。エンデューロテストではなかなkスピードに乗ることができず、赤や青のゼッケンのライダーにテスト中に追いつかれてしまい、沢登ルートなどでは譲るスペースもないため、申し訳ない気持ちで走っていました。

 

中間TCにて、時間調整している人たちに「遅着なので入ります」と声をかけながらすぐにTCに侵入。残念ながら、ここで12分の遅着をつけてしまいました。

 

エクストリーム、後半ルートは1周目と同じような感じだったので、とりあえずピットインできる数分の時間があることはわかりました。

 

ピットではしまちゃんとへーちゃんが待っててくれて、給油やスポンジでの泥落としなど、許されているサポートをしてくれました。グローブを交換しました。聞けば、Bクラスでもかなりいいところにいるよというので、このままなんとか完走しなければ!という使命感に燃えてきました。

 

三周目。雨は降り続き、コンディションがどんどん悪化して、ゴーグルがすぐに曇ってしまうので、ここでゴーグルをあきらめてしまいました。クロステストですら、スタックして坂を登れないバイクが多数。僕も一度テスト内でヒルクライムをやり直しました。

 

そして、ルートのテニス裏ではまりました。さっき登れた正面最短ルートで一度失敗。ここは勢いがないとだめなので、左から迂回するルートを模索するも、一番左のルートは途中でキャンバーが崩れて先に進めない。そこから一度10mほど下げて、一本右の轍に乗り換えて、なんとか登りました。ここでかなりタイムと体力を奪われました。少なくない数のバイクがこのあたりに停まっていました。

 

次のエンデューロテストでも、何台か途中で進めなくなっているバイクを見ましたが、この周回はとりあえずそこそこ無難に最後までテストを抜けました。

 

テニス裏でのロスタイムが大きかったのですが、なんとか中間TCには1分の遅着で到着。合計、13分の遅着です。

 

エクストリームはやはりうまくせめられずにただ通過し、後半ルートをぬけてピットイン。

 

しまちゃんが「姫丸がさっきやっと三周目にいったけど、もうタイムオーバー確定だ」と言っていました。どうもなにかトラブルがおこったようです。またしてもグローブがドロドロだったのですが、新しいのはもう明日使うものしかなかったので、バケツの水に手をつっこんで洗い、最後の一周に向けてスタートしました。

 

今、13分遅着してるから、あと17分の遅着でタイムオーバーだ。と思っていました。本部TCで「遅着は30分までですよね」と尋ねたら、「60分です」と言われて、ほっとしました。それならあと43分の余裕があるから、もしもう一度どっかでハマっても、なんとか間に合うはず。

 

疲れなのか油断なのか、コンディションの悪化なのか、原因はひとつではないのでしょうが、四周目はクロステストの中で何度も失敗しました。下りで滑って転んだり、ヒルクライムをやり直したりして、他の周に比べてけっこう時間がかかってしまいました。それでも、ルートの「テニス裏」がカットになっていたので、これは大丈夫だろう、と思いました。

 

最後のエンデューロテストの中間あたりで、右にたくさんのライダーが溜まっているのが見えました。僕も停まりかけたのですが、先に行けといわれたので、そのまま左へ進みました。ちょっと渋滞しているヒルクライムがあり、YSRサイトーさんらがそこに応援にきていましたが、そこは見た目ほどには困難ではなく、登ることができました。

 

しかし、そんなに甘いものではありませんでした。

その後、ヒルクライム&轍のキャンバー地帯で、前走バイク三台がスタックしているラインに入ってしまい、にっちもさっちもいかなくなりました。ラインを変えようにも、そっちのラインにもバイクが止まっている状態。止む終えず、四人で協力して四台を引っ張り上げることにしました。もちろん、大幅なロスにはなりましたが、43分の余裕があるなら、まだタイムオーバーにはならないはず…。いや、ならないでくれ、と祈るような気持ちで四台のバイクを引きずり上げてから、先に進みました。

 

30分近くかけてエンデューロを通過したため、中間TCについたときには15分遅着していました。合計28分の遅着です。順位はここで大きく後退したようですが、完走を逃すことは無くなりました。

 

 

エクストリーム、後半ルートをぬけてピットイン。あとはパルクフェルメに入れるだけです。

実は四周目のクロステストからリアブレーキに違和感を感じていて、それがどんどんひどくなりました。リアブレーキの遊びが大きくなって、かなり深いところまで踏まないと効かなくなったのです。しまちゃん、へーちゃんらに手伝ってもらい、リアブレーキの遊びを減らしました。目一杯遊びが少なくなる方向に調整してもタッチがおかしいので、フルードを足しながらエア抜きをしたら、エアが出ていて、タッチが復活しました。そこでパルクフェルメ前のTCギリギリとなって、あわててバイクを走らせました。後に、時間がない中で行ったリアブレーキ修理がちょっとした事件を引き起こすのですが、それはまた二日目の記事に書きますね。

 

こうしてなんとか一日目を完走することができました。

ウエアの色がもうまったくわからない状態…。

終わってみてから知ったことですが、B1クラス23台中で完走5台、B2クラス10台では完走0台という非常に過酷なレースになったそうです。ナショナルクラスも、60余台中の半数がリタイヤだそうです。ちなみにナショナルとBでは規程周回数も走るルート、テストは同じで、前半のTCまでの持ち時間が二分違うだけなので、今回B1を完走できた5台は、いずれもナショナルクラスでエントリーしていても完走できていたことにはなります。

 

…自分自身が走っているときにはそこまで完走台数が少ないほどのひどいコンディションだとは感じなかったのですが、コースカットのタイミングや渋滞のタイミングで、いろんなことが起こっていたようです。姫丸さんは、目に泥が入って、最終的にはコンタクトレンズがはずれてしまったそうで、目が真っ赤になっていました。同じく、三周目からゴーグルをしていなかった僕は、たまたま運がよかっただけですね。

なお、一日目にリタイヤしたライダーは、二日目に再車検を受ければ走ることはできますが、承認クラスではそれは賞典外となり、ファイナルクロスを走ることはできません。だから、Bクラスはわずかに残った五台だけが、二日目の完走とファイナルクロスを目指すことになるのです。

 

(DAY2に続く…と思いますたぶん)

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
はじめての「モトクロス」参戦

はじめて、「ヒーローズMX」というモトクロスのレースに出て見ました。

オフロードバイクに乗らない人から見たら、いつもモトクロスしてるんじゃないの?って思われるでしょうけれど、ちょっと違うんです。いつも僕がやってるのは、主に「エンデューロ」という競技で、実際はそのエンデューロの中にいろんなジャンルがあるんですが、敢えてものすごくざっくりいえば「耐久レース」です。それなりに長時間走って、順位を競う競技です。一方、「モトクロス」は、「スプリントレース」です。短い時間を全力で走って順位を競います。…陸上競技で言えば、マラソンと100m走くらいに違いがあります。

【写真はゴローさんのお友達が撮ってくれました、ありがとうございます】

 

事前に周りの人には「予選でノービス(一番初心者向け)からミドルに昇格しちゃうよ」などと散々煽てられていたのですが…

予選ノービス 8位/16台
第一ヒート 8位/16台
第二ヒート 8位/16台と、ミドルに上がるどころかノービスで入賞すらできませんでした。ご期待にはまったく沿うことが出来ずお恥ずかしい限りです。

エンデューロの人は、いっぱい乗っててもやっぱりスプリント遅いんだねえ、って思わせてしまい、エンデューロ界のみなさんにも申し訳ない気持ちです。

 

自分の成績は散々でしたが、楽しかったです。なんていうか、顔見知りライダーがたくさん集まって、近所のコースでモトクロスやって和気あいあいと楽しんでいるスタンスに、とっても 「ON ANY SUNDAY」感がありました。お誘いくださったゴローさん、ご一緒いただいたヴァームさん、おさるさん、縞猫のみなさん、MOさん、ほかみなさんありがとうございました。

せっかくだから、また参加してみようと思います。次はもう少し頑張ります…。当たり前のことだけど、ちゃんとモトクロス的な走り方を事前練習してから挑んだほうがいいですね。まずはスタート練習と、モトビの走り込みかな。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

 

| オフロードバイク レース | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
10月29-30日 2016 Y2XC-R5最終戦に参加

ギリギリのタイミングでセローとKTMの修理が両方間に合ってしまったので、どっちに乗ろうか迷ったあげくに、とりあえず両方持って行くことにしました。

コース設営の際にセローに乗ったら、とっても楽しかったので、もっと乗りたくなりました。

なるべくたくさん乗って、不具合も把握しておきたいですしね。

うーん、でもKTMにも乗りたいし、どうしたものか…。

まあ、朝起きてから考えることにします。

 

夜の宴会では、よちゃん、そのーさん、姫丸さん、サイトーさんらがたくさん美味しいものを作ってくれました。

いただくばっかりですみません!

新婚さん、いらっしゃーい

 

翌朝、居酒屋よちゃんから見上げる山。

例年に比べると、あまり紅葉していないように思いました。

新婚さん盗撮(笑

 

どっちのバイクに乗るか悩んだ末に、受け付けで「両方に乗っていいですか?」と相談したら「全然OK」とのこと。

さすがY2XCです!というわけで、両方のバイクにゼッケン117を貼ります。

前半一時間半をセローで、後半一時間半をKTMで走る作戦です。

 

セローの最後の一周で、コースの最初の大坂を登ったところで、クラッチを握ると…あれ?ふにゃっとした感触でクラッチが切れません。見ると、レバーの支点になるボルトが緩んで脱落してました。

仕方が無いので、そのあとおよそ三分の二周はクラッチなしで、ほぼ二速固定でエンストしないように慎重に走りました。

しかし、細い場所で停まっているバイクがいたので、とうとうエンスト。見ると、わぶちゃんでした(´∀`)頑張ってますね〜

とりあえず停まってしまったので、周りをきょろきょろ探して…そこらへんにあった木の枝をボルトの代わりに突っ込んでみたら、なんとかクラッチが使えるようになりました(´∀`)

 

ちょうど一時間半が経過したので、ピットインしてKTMに乗り換えました。

KTMのほうが速くは走れたと思うんだけど、二度転んだのはKTM、セローでは無転倒…。

しまちゃんや姫丸さんには「ベストラップはセローだったりして!」と言われて、なんだか心配になってきました。

 

セローは姫丸さんにも乗っていただきました。

なかなか楽しかったようですよ(^^)

 

よちゃん、今年もごちそうさまでした

お疲れさまでした!

 

今日の速い人たち

今年の速い人たち

 

さてさて、気になるリザルトですが…

2016Y2XCリザルト

 

僕は、144台中33位という結果でした。セローで半分走っての結果としては上出来です。

気になるベストラップは…?!

セローでのベストラップ13分18秒、KTMでのベストラップ13分13秒…。
良かった!かろうじてKTMのほうが上でした。でも、ほとんど変わらないね(^^;

 

Lap1の18分代は集計渋滞。Lap6の16分代は、クラッチレバーのトラブル(ピボットボルトが脱落)でゆっくり走った周。Lap7の16分代は、ピットインしてマシン入れ替え分の時間が加算。最終周の14分代は、ファイナルラップだからベストラップをだす!…と張り切ったら、ガレの登りで派手に転けました(^^; …リザルトを見ると、自分だけの三時間ドラマが脳内再生されますね。

 

もし本当にベストラップがセローだったら、SUGOはセローでエントリーすべきか?なんて冗談をいいつつ、もしかしたらあり得るかも…って思っていたんです。それほど、このセローのポテンシャルが高く、乗りやすかったんですよね。新車時に90万円超だったKTM125EXCと、3万円で譲り受けたセローで、ベストラップがわずか5秒しか変わらないとは。お値段通り、KTMが30倍速ければいいのですけどね…。(^^;;

 

おひさしぶりでちゃんと完走したわぶちゃん

なんと、ブービー賞でタヌキを逃しました。惜しかった!

 

チーズナッツパーク20周年記念の花束。おめでとうございます!

miomioさんもお疲れさまでした。

ちゃくちゃくと速くなって、来年あたり抜かれてしまうかも…

いや実際、ハチタイの男道では抜かれたんだった(^^;;

今年のワイワイはこれでおしまい。

小松さんはじめ、スタッフの皆さん、参加の皆さん、ありがとうございました。

 

帰りの沼尻高原の温泉では、ちょっと気になるお知らせ。

今後の営業につきましては、方針が決まり次第…?

まさか、とは思いますが、どうか営業再開してくださいね。

島ちゃんにチューするポーズの姫丸さん

…僕にも!(笑)

 

帰路は白河〜矢板だけ高速を使って、あとは下道で帰宅。

みなさん、お疲れさまでした!

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2016 FUKUSHIMA 2DAYS に参戦しました

10/1(土) 2(日)は、福島2デイズエンデューロ at チーズナッツパークに参加しました。エントリー締め切り日まで迷った末のドタ参でした。

福島2デイズエンデューロは、Y2XCのような草レースとはちょっと違い、JECの「東日本エリア戦」のひとつなので、ナショナルクラス以上の人は昇格をかけてランキングを競いあっています。

僕が参加した初・中級者向けBクラスや、さらに初心者向けのCクラス(承認クラス)は、ポイントや年間ランキングはありませんが、走るコースは両日とも上のクラスとまったく同じですので、JECの選手権の雰囲気や、やや難易度の高いコース設定を体験することができます。二日連続で、クロスカントリーと簡易オンタイムという、形式の違うエンデューロレースを走れるのもまた、福島2デイズの面白い特徴です。ツーデイズですが、どちらかだけの参加もできます。

10/1(土)
まず一日目に行われたのは、2時間半のクロスカントリーレースです。クラスごとに一斉スタートして、二時間半後のゴール着順を競う、わかりやすいルールです。

コースは一周がBクラスで9分代(ナショナル8分代IIB/IAは7分台)と短めで、難所がほとんどない、ハイスピードなコース設定でした。予報に反して、ピーカンで暑い一日となりました。
th_IMG_0133.jpg

th_IMG_0139.jpg


この日は、ブレーキレバーとフットブレーキのセッティングがどちらも合っていなくて、ずっと不満を抱えながら走ってしまいました。前後ブレーキともに直前に整備をしたのですが、ウォームアップで軽く乗った程度で、そのまま出走してしまったのです。

遊びが多すぎたフットブレーキは、リアブレーキの細かいコントロールができず、効かない or ロックする、というオンオフスイッチになってしまいました。フロントブレーキレバーも遠すぎて、わずか二周で右腕だけがひどく腕上がりを起こし、序盤で三度も転んでしまいました。三度目に転んだときに、ようやくブレーキレバーを調整したのですが、ここで失った二分ほどの時間が最後まで取り戻せませんでした。また、一度あがってしまって腕はなかなか回復しませんでした。

転んだ後は、気持ちが一度下がったのですが、その後は「今日がダメでも、明日につながる走りをする」という気持ちで、完走しました。

結果は、4位/11台でした。
入賞は3位までなので、JECライツ成田、長和に続き、またしても「あとひとつで入賞できないポジション」という残念な結果でした。

レース終了後は、洗車、エアクリーナー交換、各部点検や注油、もちろんリアブレーキの遊びを再調整して、翌日に備えます。

夜の宴会も楽しいのですが、ビールを二本だけ呑んで、10時にはお開き。早めに就寝です。ここもY2とは大きく違うところですね(笑)。

10/2(日)
2日目は簡易オンタイム方式です。天気は前日に引き続き、気持ちよく晴れわたっています。

th_IMG_0146.jpg
「簡易オンタイム」は大会によっていろいろルールが違うのですが、チーズナッツの簡易オンタイムは、「トータルの持ち時間4時間で、クラスごとに決められた規定周回数を回る」というシンプルなルールで、オンタイム初心者にとっては取っ付きやすいルールです。1周の中に、タイムを競わない「ルート」区間と、タイムを競う「テスト」区間があって、テスト区間のタイムの合算(当然、少ない人ほど上位ですね)で順位を競います。

一周ごとのタイムチェックはないので、早着ペナルティーはありません。最終周回を終えた際に、持ち時間の四時間を過ぎていればその分が遅着ペナルティーとなり、その分がテストのタイム合計に加算されます。もし規程周回数を回りきれなかった場合や、回りきってもそのゴールタイムが四時間半を超えていたら、つまり30分以上遅着していたら失格(DNF)となります。

「今回は、ルートが難しめです」という事前説明はあったのですが、前日のクロスカントリーが、難所を排したハイスピードなコース設定だったので、やや油断していました。

レースがはじまって、ルートを走り出して気がつきました。たしかにこれは、簡単ではない…。印象としては、2013年に出場したSUGO 2DAYSのルートより、距離は短いながら、難易度は高いかもしれない、と感じました。

栗林を出たところで、左ターンをしながら、Y2R3でクッシーさんのバイザーを割った下り坂を、逆に短い助走で登る…しかも路面はほどよくチュルチュルしている…ここが、レースの序盤でルートの難所となりました。B/Cの承認クラスのライダーがここの餌食となって渋滞をつくり、ナショナル以上の選手もこの渋滞に巻き込まれました。

Bクラスの規程周回数は8周です。平均すると、一周を30分で回ればギリギリでオンタイム。25分程度で回れるなら、毎週5分、または二周ごとに10分休憩することができる計算になります。

しかし、先述のヒルクライムのほかにもプチモンスクレベルの難所が少しずつ散りばめられたルートに手こずり、二周目を終えたときには、およそ一時間半が経過していました。残り二時間半で六周…このままでは、到底オンタイムには間に合いません。それどころか、トータルで四時間半を超えてしまいDNFという可能性もあります。やや絶望的な気持ちになりかけたところで、「渋滞発生のため全クラス一周減となります」という公式通知が出されました。

残り二時間半で5周であれば、当初の「一周を30分で回ればギリギリでオンタイム」という計算で、オンタイムで完走できることになります。

もともと、チーズナッツのスタッフが、「渋滞がなければ承認Bクラスのライダーが30分以内で一周できるだろう」という目論見で設定した規程周回数のはずなので、その期待、いや挑戦状になんとしても応えたい、間に合わなかったら僕の負けだ…という気持ちが湧いてきました。これまでの自分の不甲斐ない失敗は忘れて、ここからスタートするつもりで三周目に入りました。

三周目は、渋滞が解消され、懸案のヒルクライムもその他のルートも無難にこなせたのですが、ルートの終盤でうっかり転んでしまいました。そこから50mほど走ったところで、エアクリーナーボックスの蓋がないことに気がつきました。コースを逆走するわけにはいかないので、バイクをコース端に停めて、コース脇をそろそろと歩いて戻ったのですが、転倒した場所には落ちていませんでした。どうやらもっと早い段階でどこかに落としていたようです。

三周目のテストを終えてからピットに入り、しまちゃんに手伝ってもらってガムテープでエアクリーナーボックスを塞いでもらい、キヤメルバッグの飲料を足しました。そして、ガソリンを満タンにしました。残り二時間で四周しなければオンタイムに間に合わないので、もうこの先はピットインしない覚悟を決めました。

その後も、キャンバーでうっかりずり落ちたり、ヒルクライムに失敗して下からやり直したりしながら、オンタイムで走りきることを目標に、ノーピットでただただひたすら走り続けました。ルートでのミスは数々あれど、それはいちいち気にしません。オンタイムで走りきることができれば、ルートがどんなに不甲斐ない走りでも、それは成績には反映しない…それがオンタイムエンデューロだからです。もちろん、テスト区間については、自分なりに一生懸命攻めて走ることを心がけました。

14時1分頃、なんとかオンタイムでゴール。

ピットインしたのは一回だけで、持ち時間の残りはわずか8分でした。
th_IMG_0158.jpg


結果は、2位/13台でした。Bクラスでは、オンタイムでの完走が3台、遅着ペナルティー30分内での完走が3台、残り半数以上の7台がDNFという、承認クラスのライダーに取ってなかなか厳しい設定のレースであったことがわかる結果でした。たかが承認Bクラスなんだから…と思う人もいるかも知れませんが、諦めずに最後まで走りきっての二位は、涙が出そうになるほど嬉しかったです。ライバル(と勝手に思ってる)であるデコフレ大西さんや和田屋コマさん、飯塚さんさんらに、なんとか勝てましたしね!∩^ω^∩

 

th_IMG_0175.jpg

th_IMG_0198.jpg

th_IMG_0206.jpg


今回の簡易オンタイムは、絶妙なコース設定でした。小松さんが「四時間の持ち時間で実際は二時間しか走ってないような簡易オンタイムじゃつまらないから、ギリギリのタイム設定にした」と言ってましたが、まさにその通りでした。救済措置の一周減がなかったら、どのクラスでもおそらく半数以上のライダーが遅着、もしくは最悪の30分以上遅着で失格となっていたのではないでしょうか。それほどシビアなタイム設定で、だからこそ、簡易オンタイムでありながら、痺れるようなオンタイムレースの緊張感と醍醐味を味わうことができました。

難しさの中に、小松さんはじめ、チーズナッツパークのスタッフの愛を感じる素晴らしいレースでした。スタッフのみなさんも、一緒に参加した皆さんも、お疲れさまでした、どうもありがとうございました!

th_IMG_0132 20.26.22.jpg

th_IMG_0162 20.26.22.jpg

th_IMG_0172 20.26.22.jpg

th_IMG_0169.jpg

th_IMG_0166.jpg

th_IMG_0163.jpg

th_IMG_0171.jpg

th_IMG_0213.jpg

 


 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2016 Y2XC-R4に参戦してきました

年間参加の定番イベント、Y2XCに参加してきました。
数年前までは5戦すべて皆勤賞っていうのが当たり前だったんですが、今年は1-2戦を欠席したため、R4でまだ二回目の参加です。

9/9(前日)
本当はコース作りから参加の予定でしたが、特に急ぐほどの理由が無くなったので、以前から気になっていたブレーキペダルのベアリングを交換してから出発することにしました。ガタがひどく、クラッチカバーにあたる状態になっていました。このまま放置すると、右に転倒した際にクラッチカバーが割れる恐れがあります。
th_IMG_9730.jpg
互換ベアリングは一個200円もしないので、ガタがでたら早めに交換ですね。
→大阪魂ボールベアリング6000-2RS

その他のこまごまとした整備もしていたら、出発は午後四時頃になってしまいました。
チーズナッツパーク到着は、予想通り20時30分頃。
th_IMG_9740.jpg
洗車機&洗車用プールをセットしてから、宴会に参加です。

最初に、よちゃんのテントに挨拶に行って、その後すぐ、miomioさんや昌央さんのいる和田屋さんのテントに行きました。
昌央さんにウクレレのチューナーをお譲りする約束をしてて、それを持って行ったんです。
そして、ウクレレナイトがはじまりました…

くっしーさんご満悦!これは僕のウクレレですね
th_IMG_9743.jpg

XL-HEADSのTシャツを着たmiomioさん、FとCのコードは覚えました。
こちらは昌央さんのウクレレですね。
th_IMG_9742.jpg

なんとなく弾いてみたくなる、ちょっと練習すれば弾けそうな気になるのがウクレレの良いところ。
…すっかりその気になったクッシーさんとisgkさんから、ウクレレ購入を委託されました。
miomioさんからは委託されなかったな〜。押しが足りなかったか?
みなさんもぜひはじめてみませんか(^^)

 

miomioさん、蛹になる…

th_IMG_9744.jpg

そう、けっこう寒かったんですよ。昌央さん、毛布を貸してくださってありがとうございました。


350mlビール六缶セットをすべて呑んでから(セット買いするとつい呑んじゃうんですよね…)、午前一時頃に就寝しました。

9/10
午前七時に起床。

曇り空です。
th_IMG_9750.jpg

このまま一日雨は降りませんでしたので、路面はベスコンでした。

th_IMG_9752.jpg

おひさしぶりのどらみちゃん。

th_IMG_9764.jpg

'15KTM125EXC、まだまだきれいですね。

 

レース会場はワンコ率が高くて楽しいです。

th_IMG_9773.jpg

th_IMG_9746.jpg

 

レースは、おそらく雨を見越しての比較的簡単なレイアウトになっていたため、ドライコンディションでは全然休むところの無いハイスピードな展開になりました。計測で一度ストップさせられるので、その隙にキャメルの水を飲む以外は、ずーっと走りっぱなしです。

 

およそ一時間走ったところで、キャメルバックの肩のストラップを、胸の前で止めておくバンドがはずれてしまい、キャメルバッグがずりおちるトラブルが発生。ピットインして、はやめの給油をしつつ、ストラップに応急処置を施したものの、その処置が不完全だったため、そのあとも何度も走りながら肩のストラップの位置を治す羽目になりました。結局は最後までずり落ちるストラップを気にしつつ、二度目のピットインの時間を惜しんで走り続けたのですが、あれがなかったら、もう少しだけ速く走れた気がするな…。

 

しかしながら、前の週に谷田部、成田で学んだいくつかのこと…「スタンディングでつま先を開かずくるぶしグリップして乗る」「早めに3速に入れずに2速でしっかり加速してから高いギヤに入れる」「コーナーからコーナーの間の短い直線でもしっかり加速する」などを、かなり意識して走ることができたのは収穫でした。

 

順位は、30位(/ 135台)でした。30位まではポイントがつきますので、ささやかながら1ポイントをいただきました。

(詳細リザルトへのリンク)

トップから22.2%のポジションです。マーシャルの+1周ボーナスなしでこの位置でしたから、自分ではまずまずの出来です。

前回は大きな差がついていた和田屋さんの日高さんやコマさんに絡めたのが嬉しいです(^^)

 

…タラレバですが、もしマーシャルの+1周ボーナスがあれば、11位にいたことになります!(笑)

 

 

 

R3の52位(/ 164台)では、31.7%のポジションですから、少し順位はあがったように思えます。

ただ、今回は翌週日高に出るライダーの多くが欠席したり早めにリタイヤしたり、あるいはなみあいで開催されているナイトランレースに出たりしていたため、単に自分より上位のライダーがR3より少なかっただけのような気がしますね…。

 

今回、芋おやじさんは骨折していたし、いぐべ父ちゃんはゼッケンふきマーシャルなどをやっていたので、走行中の写真などはないようです。

 

タッキーさんが肋骨をやっちゃったかも…の痛そうなポーズ。

大人の二時間エンデューロだったisgkさん(笑)も、最後まで走りきったドラミちゃんも、その他の参加のみなさんも、お疲れさまでした!R5もよろしくお願いします。

th_IMG_9769.jpg

R5はほんとに寒いので、参加のみなさんは防寒を万全にね!


JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
エンデューロアカデミー & JEC-Lites in 長和の森 2016

8月20日〜21日に開催された、エンデューロアカデミー & JEC-Lites in 長和の森 に参加しました。
日程が重なっている八坂オフロードミーティングとJEC-Lites、どちらも魅力的なイベントでかなり迷ったのですが、今回はJEC-Litesにどうしても出たくなって、こちらを選びました。

19日夜
前夜入りしたら、誰も来てない状態でした…さ、寂しくなんかないんだからねっ。



月が綺麗な夜でした。

20日
エンデューロアカデミーとは、要するにエンデューロライダーのためのライディングスクールです。

th_IMG_1603.jpg
エンデューロアカデミーの受講は、白河、凸凹ランド、それからアルプスヴァンでのトライアル編にも参加していますから、これで四回目(だと思います多分)。
過去記事
白河
凸凹


教えていただく内容は、そのコースごとに毎回少しずつ違うのですが、ケンジ監督の基本編は、だいたいいつも同じです。
th_IMG_1608.jpg
同じなんですが、何度聞いてもためになります。その時々の自分のレベルに応じて、聴こえ方、心への響き方、腑に落ちる部分が違うんですよね。
th_IMG_1615.jpg
翌日のレースの際には、ガムテープに「下半身ホールド大事!」って書いて、ハンドルにつけたカードホルダーに貼っておきました。

もちろん、その後のワタライさんによるフープス編、釘村さんによるコース走行実践編など、いずれもとてもためになりました。


th_IMG_1622.jpg

【CRF250Lニュース:釘村忠選手、CRF250Lにて日高2daysに参戦決定!】

 

一日中、雨が降ったり止んだりのコンディション。

th_IMG_1621.jpg

th_IMG_1623.jpg

みんな、ドロっドロですよ。

th_IMG_1620.jpg

そんなコンディションの中、泥まみれのキャブを開けてセッティングを二度も変更するなんて、しまちゃん偉すぎる。姫丸さんは幸せだな。


21日
JEC-Litesとは、スゴー2DAYSのような「オンタイムエンデューロ」のルールを簡略化したもので、いわばオンタイムレースの入門編となるレースです。
th_IMG_1632.jpg

th_IMG_1631.jpg

th_IMG_1630.jpg


ルールは簡単でも、内容的にはちゃんと「オンタイムエンデューロ」です。コースはそれなりにちゃんと手強く、走り応えがあるようにできていて、決して簡単ではありません。

 

ハラジュンさん曰く「最悪の一歩手前」のコースコンディションに、ギラギラ照りつける太陽。

長い一日を予感させます。
th_IMG_1636.jpg
前日の雨の影響もあり、CクラスやC-Wクラスのビギナーのかたのみならず、Bクラスのライダーにもオンタイムに間に合わずに遅着するライダーが多数。結構な試練の場となりました。

 

th_IMG_1641.jpg

左に写っているのは僕のマシンではなく、惜しくもリタイヤしたC-Wクラスで参加していた女性ライダーのハスクバーナです。

リタイヤはしたものの、良い経験をしました、とおっしゃってましたから、心は折れていませんね。

次も頑張ってください。

僕はというと…なんとか最後までオンタイムで走り続けることはできました。

th_DSC_0757.jpg

th_DSC_0847.jpg

 

しかし、暑かった…

th_IMG_1640.jpg

th_IMG_1648.jpg

今回もしまちゃんのかき氷に癒されました!命の氷…!

 

しかしながら、テストのロックセクションで二度も転んでしまったのがとても情けないです。

th_IMG_1635.jpg

この程度のロックセクションで転んでいては、スゴーのエクストリームテストなんてまともに走れないですよね…。

最後のSS(タイムアタック)で、ウッズでミスをして、6位から7位に転落しました。そして入賞は6位まで。実は成田Litesでも、同じく7位で入賞できなかったんです。

もっとも、後で6位になったライダー(デコフレの島津さん)のタイムを見たら、ウッズのミスがなくても抜かれていたかもしれないし、抜かれていなかったとしても、ファイナルクロスで抜かれていたな、というタイムでした。つまり、どっちにせよ七位。悔しいけど、これが今の実力通りの結果ということです。

詳細リザルトはこちら


レースにでる意味って、それぞれにいろいろあると思うんですが、僕にとっては「今の自分に欠けているものがはっきりわかり、次の目標が明確になる」という点が最大のメリットです。入賞できなかったことは悔しいけれど、だからこそ、次へとつながる強いモティベーションを感じることができるのかも知れません。
th_IMG_1643.jpg

【最後のファイナルクロスで順位をひとつあげた滝沢さん。やるなー】


ひとつはっきり言えることは、これからの僕には、圧倒的に「モトクロスの練習」が必要だということです。ロックセクションもだめだったから、トライアル的な練習も同時にやらなくてはいけませんが、今の僕には、まずはスピードを身につける練習が優先だと思います。長時間のクロスカントリーエンデューロでは、単なる「我慢比べ」でたまたま入賞できることがありましたが、オンタイムエンデューロやスプリントレースでは、モトクロス的な、絶対的なスピードが出せなければ、今以上の成績は望めません。

 

th_IMG_1645.jpg

オンタイムエンデューロ初参戦でBクラス二位の見事な成績をおさめた「したみん」さんは、モトクロス練習を積み重ねてきた速いライダーです。…つまりそういうことなんです。

 

モトクロスの練習…いろんな言い訳をしながらなんとなく避けて通ってきたことですが、もう逃げてる場合じゃないですね。


JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
キャンオフ東日本 at 勝沼XP

8月6日(土)前日練習〜8月7日(日)キャンオフ本番

 

キャンオフとは、キャンパスオフロードミーティングの略称で、学生オフロードバイクライダーのためのイベントです。

 

2015年まではビッグクルーさんが運営サポートしていたのですが、ビッグクルーの母体であるモトロマンさんが不幸な事故によって閉店したのに伴い、運営サポートが受けられなくなってしまったそうです。しかしその後も、学生さんの自主運営により開催が続けられており、DESSYさんらが、出来る範囲でそれをサポートしています。

 

そして、十分に周知されていないのですが、2016年からは、大学生だけではなく、社会人ライダーの参加もOKになったんです。このOBクラスを盛り上げようと現在DESSYさんがあちこちに声をかけていて、僕も誘って頂きましたので、少しでも運営費の足しになれば、と思ってエントリーすることにしました。あべっちさん、おさるさん、ちばてつさんらも参加しました。

th2_IMG_1405.jpg

th2_IMG_1410.jpg

th2_IMG_1406.jpg

姫丸さんは前日練習でご一緒いただき、いろいろ教えて頂きました。

th2_IMG_1409.jpg

 

キャンオフのレース内容は、午前中にスプリント二本、午後に90分エンデューロを走るという、充実のプログラムです。

th2_DSC_8483.jpg

ちなみに僕はスプリントレースがはじめてです。

まったくお話になりませんでした。モトクロス練習しないとダメですね。

th2_DSC_8436.jpg

th2_DSC_0261.jpg

エンデューロはまあまあ…。

th2_DSC_0405.jpg

一応表彰台の端っこに載れました。

th2_IMG_1407.jpg

th2_IMG_1408.jpg

ちばてつさん、こじまさんに続いての三位って、なんか僕って凄い人みたいですが…

…OBクラスの参加者が少ないだけですよ。(笑)

 

前日練習から、二日間に渡ってとても楽しい時間が過ごせました。

th2_IMG_1411.jpg

th2_IMG_1401.jpg

遊んでくれたみなさん、ありがとうございました!

 

次回は

第3戦 9/18(日)軽井沢モーターパーク

だそうです。

OBがたくさんエントリーすることがまた、現役学生ライダーさん達の支援にもなります。

このレース内容でエントリーフィー7000円というのはかなりお安いですし、僕のように「エンデューロは走ったことあるけど、モトクロスのスプリントは未経験で怖いなあ」というライダーには、ちょうどいい「スプリントレース体験イベント」にもなります。

みなさんも次回は参加してみませんか?

 

運営情報、エントリーなどはこちらから!

http://blogs.yahoo.co.jp/camoff_gakuniren/MYBLOG/yblog.html

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
PowerEnduro 8H ピットクルー編

今回のハチタイでは、しまちゃん、kikiさん、はらちゃんらが、ピットクルーとして参加してくれました。

ライダー交代時の給油サポート、メカニックから、美味しいお昼ご飯作りまで…。さらには、走り終わった後には、バイク4台をすべて洗車してくれました。しまちゃんのご好意にすっかり甘えてしまいました。本当に助かりました、ありがとうございました!

レース会場に来たのが久しぶりのkikiさん。いろんな人に会えてよかったね。

麦茶やカキ氷のサポートありがとう。タイミングによっては、またいつか、ライダーで参加できると良いね!

参加者が全員ライダーだと、みんな疲れているので、なかなかアレコレとできないんですよね。こうしてサポートに来てくれる人もまた、かけがえのないチーム員です。

あっ、大切なサポートメンバーを2人、忘れていました…!

癒されるぅ…(´∀`)

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Power Enduro 8Hに参戦しました 2016

2013年の鮫川村Power Enduroにテツさんと参戦して以来、三年ぶりとなるPower Enduro 8H。今回は、姫丸さんとのペア「ちーむガス欠。バヤリース」にて参戦しました。
th_IMG_1274.jpg
実は、今年は以前から一度やってみたかった「アイアンマン」エントリーをしたのですが、姫丸さんとチームを組むはずだったお友達が怪我をしたため、姫丸さんに「ねえねえ、代わりにどう?…マシンもあてにしていい?」と声をかけていただきまして…僕のマシンが目当てだとしても(笑)とても光栄なことなので、喜んで組ませていただくことにしました。そして、空いてしまったアイアンマンの枠には、「アイアンマンででちゃおうかなー」と迷っていた「どうでSHO」こと翔くんを強制エントリー(笑)。

ひろみちゃんとおさるさんとみっちゃんの「ちーむガス欠。」僕と姫丸さんの「ちーむガス欠。バヤリース」アイアンマンのSHOくんと岡島さん。それからサポートのしまちゃん、はらちゃん、岡島家のおちびちゃん二人…楽しい仲間が集まって、楽しいピットをつくりました。

YSR斉藤さんがピットの場所をとってくれて、第一パドックの良い場所にピットを構えることができました。
前夜祭から大変に楽しく、うっかり呑みすぎそうになりましたが…
th_P7300620.jpg
th_P7300615.jpg
熱中症予防のためにぐっと堪えて、23時には就寝しました。

レース当日は、僕が第一ライダー。
下見はしてなかったけど、「絶対マニアにいったほうがいい」というちばてつさんのアドバイスを信じて、一周目から廊下〜すり鉢を迂回できる、マニアラインにアタック。この時点では、マニアのほうに来る人が少なかったため、一周目、二周目は、一番左のほうから問題なく登頂できました。

三周目で、マニアラインにアタックする人が少し増えてきました。左のラインは上の方で停まっている人が見えたので、試しに真ん中のラインからアタックしようと走りだしたら、そちらにも上のほうに停まっているライダーがいて、ひるんでしまって失敗しました。とりあえずその周は下に降りて、一般ライン、つまり廊下〜すり鉢のほうに行ってみました。こちらのラインは、走ること自体はまったく問題ないのですが、「廊下」が長く、またそこはずっと足が出てしまうような轍が続くので、とにかく疲れるんです。また、時計をちゃんと見ていなかったので定かではないのですが、体感的には三分程度は時間が余分にかかる気がしました。これは、基本的にはマニアに行くしかないね。もし失敗しても、まあお祭りだからいいじゃないってことで。

四周目を回ったところでピットイン。ちゃんとピットイン・アウトの位置を確認していなかったので、自分のピットとの位置関係を完全に勘違いしてしまい、第一パドック内をうろうろ。逆走になりそうなところはバイクを押しながらうろうろ…。まずは四周ずつ、80分以内でライダー交代するという予定でしたが、マニアラインでの失敗のリカバリーや、ピット内での迷走のおかげで、80分以上かかってしまいました。ピットにやっとたどり着いたときには、自分の不甲斐なさにちょっとイライラして、大きい声を出してしまいました。…すみません。
th_P7310701.jpg

僕らのチームには、ライダー交代する際の儀式があります。しまちゃんが、8mmレンチを持って、左右のレバーの角度を調整するんです。
th_P7310672.jpg
僕のセッティングは水平よりちょっと下くらい。
姫丸さんのレバーの角度はちょっと特殊で、水平よりちょっと上なんです。
th_IMG_1275.jpg
【これが姫丸さんセッティング!】

これはお互いにどうしても妥協点が見つからなかったので、ライダー交代の際に調整するのが良いだろうということになりました。4周ごとに交代しよう、という作戦だったので、およそ60〜80分は走り続ける訳です。慣れないレバー位置で乗るよりも、自分に合ったセッティングで乗る方が、結果的には速く走れるので、セッティング変更の2分程度の時間は十分に取り戻せるし、なにより、その方がお互い楽しく走れますしね。

第二ライダーの姫丸さんは、4周を70分ちょっと、僕が一回目の持ち分で遅れた分を取り戻す感じで戻ってきました。さすがですね。

二回目に出動して、一周目のマニアラインで、真ん中のラインにいったら掘れまくりのツルツルで、たくみさんに「がんばれー」と笑われながら、下からやり直すはめに。かなりのタイムロス。そのときに右のラインから、miomioさんに抜かれてしまい、二周目、三周目は、僕も右のラインから行かせていただきました。
二回目の二周目、三周目は順調だったので、一周目のタイムロスを取り戻して、ちょうど80分弱くらいでピットに戻れるな、と思いながらパドック前を通過しようと思ったら、赤旗で停められました。このとき、手元の時計で11時46分。

WBGT値 (熱中症に関する指標) が上がったらレースを一時中断する場合がありますと、ブリーフィングで説明はありましたが、今日はそこまで暑くないよね…?

…と思ったら、なんとコース上でバイクの火災が起こったそうです。

こちらが回収された、燃えちゃったバイクです。
th_13907074_1802516433327919_139588159450793392_n.jpg
写真ではわかりにくいですが、ラジエタ付近で出火し、シュラウドが溶け落ちてます。

レース再開待ちということで、一旦全員がピットに戻りました。
しまちゃんやkikiさんらが作ってくれたそうめんと天ぷらを美味しくいただきながらお昼休憩。
th_DSC_0492.jpg
th_IMG_1207.jpg
th_IMG_1201.jpg
岡島家のおちびちゃんたちの存在が、僕らのピットをとっても癒してくれました。
th_IMG_1204.jpg

結局、13時15分からコースインして、停められた順番にコース内に並べ直して、最スタートをしたのが13時45分近かったので、ほぼ二時間の中断となりました。

リスタート直後は、「ちーむガス欠。」のおさるさんは一周20分で、また姫丸さんは16〜17分程度で戻ってくるペースでした。僕が四周でなく三周で中断したので、姫丸さんも三周回って、またライダー交代しました。

最後の持ち分の三周は、姫丸さんに一分でも早くバトンをつなぎたい、そういう思いでいっぱいでした。僕がスタートしたのが14時32分頃。姫丸さんは僕より速くて、一周を16〜17分程度で回れるから、僕が三周回った時点で、残り35分あれば、16時までに二周を回って、ぎりぎり三周目に突入できるはず。15時25分までに3周するには、一周17分代でまわればいいのか。ミスを恐れて廊下すり鉢ルートに行ってはロスが大きいから、ここはやっぱりマニアに行かなければならない。かといってマニアで大きなミスをしたら、それもまたロスが大きい。マニアルートにいきつつも確実に。モトクロスコースも、得意じゃないけど自分なりに一生懸命に…。バイクにつけていた腕時計は、こんな時に限って電池切れで停まってしまっていました。

三周目のマニアルートで、右ラインの根っこを超えるところでスタックしているバイクが道を塞いでいました。バイクから一度降りて、押しながらラインを換えてリスタートし、半クラッチも使いまくりながらなんとかクリア。ここはタイヤのグリップに助けられました。ライン変更と押しで少しロスがあったけど、下からやり直した訳ではないし、きっと二分足らずのロスだろう、大丈夫、いけるいける。

そうしてピットにたどり着いて姫丸さんにバトンを託したのが、15時25分頃。まるで計ったように残り35分でした。

その後、結果的には姫丸さんの三周目は、ほんのわずかに間に合わなかったのですが、16時3分頃、無事にチェッカーを受けました。
th_IMG_1224.jpg
th_P7310757.jpg
僕が4+3+3周、姫丸さんが4+3+2周、合計19周。総合順位は28位でした。

入賞でもなんでもありませんが、160台以上参加の中でのこのポジションは十分な結果です。
岡島さんは、子供達の面倒を見るために(笑)止む終えず途中で棄権しましたが、ひろみちゃんとおさるさんとみっちゃんの「ちーむガス欠。」、アイアンマンのSHOくんも無事に完走。

リザルトはこちら http://motopower.jp/race-result2016.html

出る前には、アイアンマンもいいかなぁ、って思っていました。でもやっぱり、また来年も出るのであれば、チームで出たいですね。「…とにかくなんとかして、少しでも速く、マシンを壊さず、ピットで待ってくれているライダーにバトンを繋ごう。そして力を合わせて完走するんだ…。」最後の三周を回りながら感じていた、あのドキドキ、いや、ヒリヒリするような気持ちこそが、チーム戦の醍醐味だなって思い出したからです。いつも走っているエンデューロやラリーは一人で走る競技ばかりだからこそ、こういうレースは、信頼できる仲間とチームを組んで出走して、いつもあのヒリヒリする気持ちを思い出したいんです。

…どこか原点に返るような楽しいレースでした。赤旗中断で時間は短縮されてしまいましたが、その時間もまた、周りの人とのコミュニケーションが深まる大切なひとときでした。一緒の時間を共有できたすべてのみなさん、楽しかったね!どうもありがとう!
th_IMG_1218.jpg
th_IMG_1185.jpg
th_IMG_1241.jpg
th_IMG_1200.jpg
th_IMG_1285.jpg
th_IMG_1258.jpg
th_IMG_1253.jpg

JUGEMテーマ:車/バイク

 


 

 

| オフロードバイク レース | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
| 1/25PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE