| 1/2PAGES | >> || TOP
OS X Mavericks で Vectorworks 12

結論だけいうと、対応してません。
VECTORWORKS12が使えるのは、マウンテンライオンまででした。
うっかりOSアップデートしないようにね。
| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 12:28 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
Vectorworks & Renderworks 12.5 + MacOSX 10.8 Mountain Lion インストール方法
昨夜リリースされたMacOS X 10.8 Mountain Lion。MacBookAirをTime Machineでバックアップしてから、インストールしてみた。

OSのアップデート後に使えなくなったアプリは、少しバージョンの古いParallels Desktop for Macだけで、これは単に最新版にアップデートすることで解決した。その他の使用ソフトウェアの互換性の問題はまだ起きていない。

建築パースを作るために使用しているVectorworks & Renderworks 12.5も今のところ問題なく動作している。試しに一旦アンインストールして、インストールからやってみたところ、インストール方法はLionとまったく同じだった。
なので、方法はこちらの記事を参照のこと。

申し訳ありませんが、質問は受け付けておりません。

【FAQ】
LIONへのインストールがうまくいかない

→どっか手順が抜けてませんか。アプリフォルダを指定するところとか、あるいはその前の、ライブラリのアクセス権を「内包するフォルダにも適用する」とこ ろとか。万が一それでもだめなら、アプリケーションフォルダのアクセス権がおかしいのかも知れないので、アプリケーションフォルダの中に名称未設定フォル ダを作成して、そこをインストール先に指定してみる。あるいは、Disk First Aidで一旦HDのアクセス権を修復し、ディスクのエラーも修復して、手順の一からやり直す。あるいは、普段使っているアカウントが壊れている可能性もあ るので、別の新規アカウントを作成し、そっちでログインしてインストールを試す。それでもだめならLIONをクリーンインストールして試す。それでもダメ なら…僕にはわかりません。
| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 15:35 | - | - | ↑TOP
Asian Style を Rendorworksで
アジアンスタイルの店舗内装を提案して欲しいとのお客様の要望で、設計士のiさんと相談しながら、プレゼン用のパースを作りました。まだ正式に決まっていないのでこちらで完成パースをお見せすることはできませんが、レンダーワークスでなかなか感じのよいパースができたので、全貌がわからないよう(笑)部分的に紹介。

カウンター上に茅葺き屋根。テクスチャと配光がキモですが、うまくいきました。


照明器具二種。上がカタログ、下がパース内の3D表現。




器具の上に漏れる反射光も表現してみました。

店内に池があります。水の表現は、実際よりもちょっと大げさにしました。

イメージですから、このくらいのほうがいいんです。多分ね。

植栽は、前日に神楽坂散歩で撮影した写真から添景を作製しました。


自分でいうのもなんですが、かっこいい仕上がりになったので、決まるといいなあ、この話。ちゃんと決まって施工、オープンしたらパース全部を公開できるんです。…あるいは、完全に没案になった時も公開出来ますが、そうならないことを祈ります。




| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
MacBook Airでレンダリング
とある店舗の改装イメージパースづくり。
一日半しか時間がないのに、通路の形状が複雑なため、いろんなアングルでのパースを作成しなければいけない。ざっと数えたら12アングル、うーん。一つに20分かかるとしたら4時間、30分かかるとしたら実に6時間か。

ということで、デスクトップ機のPowerMacG5 QuadCore最終型と、最近買ったMacBook Airの二台で手分けしてレンダリングしてみた。

同じ条件で同じパースをレンダリングして比較してみると、図体がでかく、メモリを目一杯積んでるG5より、MacBook Airのほうが速い。結局、2台で同時にレンダリング作業をはじめて、G5でレンダリングしたのが4アングル、Airでレンダリングしたのが8アングルだから、Airのほうがほぼ倍の仕事をこなしてしまった。デスクトップマシンに比べて制約が多いはずのAirで、これだからなあ。

まあ当たり前のことだけど、ほんとにPC関係のテクノロジーが進化する速度って凄い。G5もここらが潮時か。Mac Proまではいらないけど、miniかiMacの導入を検討した方が良さそうだな。
| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビルを建てました2 アオリ補正
 高いビルをカメラで地上から撮影した場合、上に行くに従い小さくなって写ります。Vectorworks/Renderworks12.5のレンダーカメラでも同様です。こ のような構図を「あおり」といいます。


CGパースによるビルの完成予想図や実写による完成写真パンフレットでは、これを二点透視図(左右にのみ消失点がある)のように補正するのが一般的です。


大判カメラでは、撮影時にレンズでこれを補正することができます。しかし、一般的なデジタルカメラやVectorworks/Renderworks12.5のレンダーカメラには、このような機能はありません。そこで、後からPhotoshopで補正します。これを「あおり補正」といいます。CS以前であれば、「編集→変形→遠近法」を使って補正していましたが、CS2からは「フィルタ→変形→レンズ補正」を使用すれば、レンズのゆがみも含めてより簡単に、確実に補正できます。


しかし、完全に補正すると若干不自然な感じがする場合もあります。その場合は、ごく僅かに仰角方向にもパースを残したほうがいいようです。

…あまり違いがわかりませんね(笑)

| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビルを建てました
もちろん本物じゃなくて、3Dパースの話です。
ビルの完成予想パースをつくりました。仕上げ材などが未定なので、ラフです。
このくらいのものだと、ちょっとさぼりながら半日あればできます。




ビルと言っても、真ん中のフロアはおなじだから、1Fと2Fと8Fを作成するだけ。
すべて別々のレイヤーに。
2Fのパーツはシンボル登録してから再度配置して、3-7Fまでレイヤーを複製。
1-8FまでのレイヤーのZは、1Fを0としてフロアの高さずつずらします



1Fにレンダーカメラを配置して、レイヤーリンクで1-8Fのレイヤーをまとめて表示すると、ビルが完成。

| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Vectorworks & Renderworks 12.5 + MacOSX 10.7 Lion インストール方法
 Vectorworks12.5をOSX 10.7 Lionにインストールしようとすると、インストーラは起動するのだが、インストール中にアクセス権に関するエラーメッセージが出て、インストールに失敗してしまう。これは、Libraryフォルダのアクセス権に起因するエラーだ。これを回避して、Vectorworks12.5をOSX Lionにインストールするには以下の手順で行う。

1)フォルダ「ライブラリ」は起動ディスク(通常、Macintosh HD)を開いた最初の階層にある。この「ライブラリ」フォルダを選択して右クリック→情報を見る→この画面が開く。

2)右下の鍵マークをクリックすると、この画面がひらくのでPWを入力

3)「共有とアクセス権」をすべて「読み/書き」に変更。
次に、歯車アイコンをクリックして「内包している項目に適用…」を選択。

4)このアラートが出るが、そのままOKをクリック

5)これで準備は完了。Vectorworks12.5インストーラを起動。インストーラの指示に従いそのままインストールした場合、インストール先はMacintosh HD(つまりHDの第一階層)となっているが、このままではインストールの途中でフォルダの作成エラー 1008:9,-5000 アクセスエラー」が出てしまう。ここでのポイントはインストール先を選択する画面で「アプリケーション」フォルダを指定することだ。



必要であれば、そのまま続けてRenderworksもインストールする。インストールが完了したら、VWを起動してみる。無事起動したらインストールは成功だ。

6)ライブラリフォルダ、および内包フォルダのアクセス権を元に戻すために、アプリケーションフォルダ内のユーティリティーフォルダ内にあるディスクユーティリティーを起動する。
ディスクのアクセス権を修復、をクリックすれば、変更されたライブラリフォルダ内のすべてのアクセス権が元通りに修復される。

作業は以上だ。あくまで、自己責任で行うこと。

申し訳ありませんが、質問は受け付けておりません。

【FAQ】
LIONへのインストールがうまくいかない

→どっか手順が抜けてませんか。アプリフォルダを指定するところとか、あるいはその前の、ライブラリのアクセス権を「内包するフォルダにも適用する」とこ ろとか。万が一それでもだめなら、アプリケーションフォルダのアクセス権がおかしいのかも知れないので、アプリケーションフォルダの中に名称未設定フォル ダを作成して、そこをインストール先に指定してみる。あるいは、Disk First Aidで一旦HDのアクセス権を修復し、ディスクのエラーも修復して、手順の一からやり直す。あるいは、普段使っているアカウントが壊れている可能性もあるので、別の新規アカウントを作成し、そっちでログインしてインストールを試す。それでもだめならLIONをクリーンインストールして試す。それでもダメなら…僕にはわかりません。
| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 23:45 | - | - | ↑TOP
わかりましたレンダリング

牡蠣鍋うまいです〜

レンダリングにやたらめったら時間がかかるのは、影のつけ方が原因だった!
問題解決してスッキリした気分で飲んでます(^^)
| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
レンダリングに苦戦中
バーのパース制作にて、レンダリング(仕上げファイルの描き出し)に苦戦している。やたら時間がかかるのだ。椅子の形状が複雑で、かつそれがたくさん並んでいることと、映り込むテクスチャーの多用、照明の複雑さが主な原因だ。

しかも、明日が締め切りだというのに、まだいくつか仕様が決まっていない所がある。明日の仕様決定とその後の作業次第でまっとうなレンダリングが間に合いそうになければ、クオリティーは少し落ちるが、照明効果を省いてレンダリングし、Photoshopで照明効果を付け足す方法で仕上げるしかないだろう。趣味なら納得いくまでいつまでもやればいいのだが、仕事である以上は、締め切りまでに形にして出すこと、そしてそのための方法論をいくつか持っている事が大切だ。

因みにレンダリングマシンはMacG5最終型 2.5GHz QuadCore、メモリー8GB。 かつてのハイエンドマシンも今となってはそれそろ厳しいかな。
| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
バーカウンター/テーブル席用チェア製作
来週、とあるバーのパースを製作することになっているのだけれど、バーそのものの図面がまだあがってこないので、先にバーで使用する椅子の型番を教えてもらってそちらの3Dデータを製作しておいた。



左) Restarea STAT CLORTH(実物はこちら
右)CRES ORCHIS B-DB (実物はこちら



モデリング作業は右の椅子の方がだいぶ面倒。でも、どうやったらうまくいくかな、と考えながら作るのは楽しい作業だし、おかげでずいぶんとNURBS曲線の扱いに慣れた。やっぱり実際に仕事しながら学ぶと、必要にせまられるので身に付くな。
| 3Dパース/Vectorworks/Renderworks | 19:37 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
| 1/2PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE