| 1/4PAGES | >> || TOP
CRF250Lは、やっぱり外車だったのか?

先日、家の前でCRF250Lをうっかり倒してしまった際に、打ち所が悪くてヘッドライトカウルが割れました。

 

ライトユニットとライトカウルをジョイントしている部分が割れたため、ヘッドライトの明かりが上に漏れてしまい、夜間走行時にとても眩しいのです。

これは危険なので、すぐに部品を頼んで交換しなければなりません。

 

KTMでパーツを頼んだ経験で言うと、おそらく3500円くらいじゃないかな…

KTMよりはちょっと安いくらいかな?…と、思っていました。

 

試しにネットで検索してみると、USAのパーツリストと価格が出てきました。

6番「VISOR SET」がライトカウルです。定価26.26ドル、この店の販売価格は21.95ドルとのこと。

ふむふむ。やっぱりそんなもんだよね。

 

で、さっそくWebikeの純正パーツ見積もりを依頼しました。

8856円だそうです。

目を疑いました。

生産国のタイじゃなくて、USAで26ドルの部品を、日本では三倍以上の値段で買わされるんですよ。

 

ちなみに1番のライトユニットはというと、US定価125.20ドルの部品がこの通り。

こちらも倍の値段ですね。

 

ホンダは日本のメーカーだと信じていたのに…CRF250Lに関して言えば、日本人が一番高い部品を買わされているのかも知れません。

 

FBでお友達にご指摘いただいた考察では、「同じ部品をアメリカは10000セット、日本は250セットしか買わない(数字はあくまでイメージです)、だから値段が違う」という意見があり、なるほどと納得はしたものの…それでも、二倍、三倍はいくらなんでも値段の差がありすぎますよね。

 

そしてその後、某ネットオークションで新品ライトカウルを2500円(税込2700円)+送料800円で販売している業者さんを発見。きっと、他国からまとめて輸入してるんでしょうね。

ありがたく、そちらで購入させていただきました。

 

今後、CRFのパーツを注文するときは、「日本車だから安いはず」と思わず、気をつけなくちゃいけないな…。

車両価格は安くて、良いバイクなんだけどなあ。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク CRF250L | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CRF250L フロントフォーク交換など

9/17

CRF250Lのフロントフォークオイルが漏れて、駐車場にオイル染みができるほどになってしまいました。

th_IMG_9841.jpg

オーバーホールが必要なのですが…

うちには部品取り車(謎)があるので、フォークを交換することにしました。

th_IMG_9859.jpg

写真の向かって右がオイルが漏れたフォークで、試しにシールの掃除をすると、盛大にエアが抜けて、伸びなくなりました。

あれ?なんでこんなことに?…と思ったのですが、後でH社のyoshさんに教えていただいて、謎が解けました。

th_IMG_9861.jpg

CRF250Lのフロントフォークの左右の役割が違うのは知っていたのですが、構造を勘違いしていました。KTMの4CSのように、片方が伸び側ダンパーで片方が圧側ダンパーなのかな?って思い込んでいました。そうではなく、右がスプリング反力で、左が伸びと圧の減衰力という構造。つまり、左のフォークにはもともとスプリングは入っていなくて、ダンパーだけが入っているのです。スプリングの代わりに、エアばね(全伸び状態で大気圧)が機能する構造です。だから、エアが抜けると、上の写真のように伸びない状態になるんですね。

 

漏れたのは左ですが、メンテナンスサイクルを揃えた方が良さそうなので、左右とも部品取り車のフォークに交換しました。

th_IMG_9860.jpg

 

はずしたフォークの方は、いったん部品取り車に装着。そうしないと、部品取り車を移動することができないので。

後日、時間と予算があるときに、サービスマニュアルを見ながらオーバーホールするつもりです。インナーダンパーまでばらしたりしなければ、構造はけっこうシンプルに見えます。自分でやれば、シールやスライドメタル、オイルなどの部品代だけで済むから、左右で5000円以内でできると思われます。(まだ部品代は調べていませんが)

th_IMG_9864.jpg

 

また前後タイヤともに減っていたので、部品取り車からホイールごと交換しました。

フロントがBR-99、リアがツーリストで、どっちも9部山です。

これで、二日後に行く予定の自走さわやかツーリングの準備が整いました。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク CRF250L | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CRF250L アンダーガード交換など

こちらのアンダーガードは、前オーナーのガクさんにお譲りいただいたときから装着されていたもの。
特にこれまで不自由を感じてはいなかったのですが、先日、6/4に日帰り林道ツーリングに行ったの際に、チカチカさんに「ちょっと中途半端なガードですね…これだと、ウォーターポンプが守られてませんね。」と指摘されてしまいました。そう、実はちょっと気になっていたんです。
th_IMG_0556.jpg
…と、その三日後、6/7に、まるでそんな僕の心を見透かしたように、トレックフィールドさんのブログにこんな記事が。
「準優勝を支えたアンダーガード」
…見たとたん、速攻で買いますメッセージいれてしまいました。

4.8mm厚で、がっちりウォーターポンプまで守ってくれる形。
th_IMG_0558.jpg
この厚さ、つくりで税込み14500円は絶対安いです。

新旧を並べてみました。
th_IMG_0560.jpg

 

そして、新型に交換。


いかにも頑丈そうです。ウォーターポンプも守ってくれています。


旧ガードもよく働いてくれました。
th_IMG_0561.jpg
あちこちの林道に行き、TBIを完走したアンダーガードの裏側は、凸凹で傷だらけです。
とはいえ、使えなくなった訳ではないので、某ネットオークションにジャンク扱いで出したら、ちゃんと売れました。
新しいオーナーさんのところでまたCRFのエンジンを守り続けてください。

 

ゆうぱぱさんに作っていただいた、オイルフィルターカバーのガードも装着。

th_IMG_0566.jpg

CRF250Lは、右側に転倒した際に、ブレーキペダルが変形してオイルフィルターカバーに当たることがあります。そこで、ゆうパパさんにワンオフでを作っていただきましたのがこのオイルフィルターカバーのガード。アルミの円盤をエポキシで接着しただけですけどね。以前ここに赤いZETAのカバーをつけていたのですが、転んだ際にブレーキペダルが当たって、割れてオイルが漏れてしまいました。それからはノーマルカバーに戻しましたが、やはり転んだ際にはブレーキペダルが当たって傷はついているので、破損防止にガードをつけたというわけです。

それから、TBIで片側のミラーが壊れてしまった上に、Day10ツーリングでももうひとつ壊してしまったので、安いミラーを見つけて交換しました。

オフロード ミラー 可倒式 2個セット

これが、値段の割にはかなり優秀です。BETAやハスクの純正に採用されているのと同じようなタイプの可倒式です。届いたときには可倒式ジョイントのボルトが締まりすぎていて動きませんでしたが、ボルトをちょっと緩めてシリコンスプレーを吹いてやったら普通に使えるようになりました。ミラーの写りもクリアだし、振動でのぶれも少ないですね。DRCの同様のミラーは1800円ほどしますが、これは二個で2000円ちょっと。今後はうちのオフ車のミラーは全部これにしようと思います。

 

アンダーガードもオイルフィルターガードもミラー交換も、すべてはTBIを完走できるマシン作りの一環??…って、また来年出るのかなぁ?わからんけど(´∀`)

 


JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク CRF250L | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CRF250L シフトペダル交換
CRF250Lの純正シフトペダルは、先端が可倒式でないため、転ぶたびに曲がってしまいます。そこで、多くの人が社外品のアルミシフトペダルに交換しています。僕の場合は、前のオーナーさんかHAMMER HEADのシフトペダルに変更していました。

このようなアルミペダルは各社から似たようなものが販売されていますが、どうもいずれも耐久性には難がある様子。転倒を繰り返すうちに折れてしまった事例を少なからず見ます。うちのはまだ折れてはいませんが、このところアルミペダルのセレーション(取り付け部のギザギザ)が削れてしまいガタが酷く、シフトミスが増えてきました。

そこで、TBIに備えて、鉄の先端可倒式ペダル(CRF150R用)に変更しました。

アルミより若干重いものの、素材に粘りがあって折れにくく、万が一曲がっても力技で戻せる鉄ペダルのほうが安心感がありますね。


オマケネタ
ホームセンターでコピーしたCRFのキー。ヘッドが寂しいので、合皮の端切れでキーカバーを作ってみました。

ウケ狙いで作りましたが、恥ずかしくて使えませんので、kikiさんのなんかのキーにつけようと思います(´∀`)
| オフロードバイク CRF250L | 10:52 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
CRF250L ハンドガード換装
いわきラリーの前にやった整備ですが、書き忘れていたので記録。

CRFにはZETAのハンドガードをつけていたのですが…これ弱いんですよね。八方でのヒトコケでぐんにゃり。
ハンドル側のマウントが固定式でないため、内側に押し込まれて、ガードが曲がってしまう訳です。

O西さん曰く「ZETAだからしょうがない」(笑   …僕もそう思いますw

ちなみにガード側の変形を修正すると、一回くらいは大丈夫ですが、強度が落ちます。二、三回もやれば必ず折れます。
まあ、ガードはちばてつさんにもらったやつだし、マウントはモトテイストさんにもらったやつなので、自分で買ったのは白いデフレクターだけなんですけども(笑)、こんなヤワなガードをつけてたんじゃTBIは完走できそうにありませんね。

というわけで、最強のガード&マウントに付け替えることにしました。
ジュラルミン削りだしです。

漫画「よつばと!」に出てくるテディベアの「小岩井ジュラルミン」とは関係ありません、念のため。
ちなみにこれは昔、ショップで作ってもらったワンオフものなので、どこにも売っていません。

組み合わせるガードは、MAYERの古いタイプ。やたらと固いやつです。ガード本体の頑丈さで言えば、MAYERやEndur Engeneeringが良いですね。ちなみにKTMで使っているサイクラのガードもなかなか良いのですが、内側のマウントを取り付ける長穴が大きすぎて、残念ながらそこだけピンポイントで弱くなっています。
ちなみにハンドルバーエンド部のアンカーは、ACERBISタイプを使います。ただし、エンド部の凸部はグラインダーで削ります。

CRMのときから使っているガード&マウントですが、この組み合わせは本当に頑丈です。


ダートで転んだ場合は、まずなんともなりません。舗装路で転けても、ガードがわずかによじれることがあるだけです。
そうそう、デフレクターはとりあえずZETAを流用したのですが、ここに取り付けたウインカーは、T塚さんの予言通りにいわきラリーでまんまと割れました… そして現在は「左だけワレンズミニ仕様」になっています(笑)もちろん、TBIの前に両方ともワレンズミニウインカーに交換予定です。
 
JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク CRF250L | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
いわきラリー 2016春♪
ラリー界の重鎮ナックさんが企画してくださった「いわきラリー」に参加させていただきました。
th_12998720_1122049447860715_8583758885642940523_n.jpg
TBIに出るライダーにとって、ちょうど良いリハーサルとなるタイミングで企画してくださったこのラリーは、コマ図をみながら一日およそ180kmの距離を二日連続で走ります。

4月9日
th_12993482_1122043634527963_7963928621363279818_n.jpg
th_12933147_1122043267861333_6178153262916465682_n.jpg
初日はいわき〜北茨城方面の林道を走ったようです…
コマ図に従って走ったので、どこらへんを走ったのか良くわかっていません(笑)
th_IMG_9362.jpg
th_12963355_1122042344528092_8913761316266915037_n.jpg
林道を楽しく走ったり

いろんな人のラリーマシンを見せてもらって、参考にしたり
th_IMG_9371.jpg
トシヨシさんのこの補助ライトの付け方、真似しちゃいます

コマ図ラリーですから、走っているときはだいたい一人なんですけれど、休憩ポイントではまた一緒になります。
th_IMG_9378.jpg
th_IMG_9382.jpg
楽しい時間が過ごせて、みんな笑顔です。
th_IMG_9388.jpg
th_IMG_9387.jpg
途中で、コマ図の距離が4kmほど合わないところがあり、そこで何名かはミスコースかと思って引き返したりして、ちょっと騙されかけたりもしたんですが…そういうのもまたTBIに向けての経験になるそうです。

というのは、TBIでは膨大な量のコマ図を使用するので、必ず1,2カ所はコマ図の間違いがあるんだとか…。距離が間違ってるくらいはよくある話で、曲がる方向が左右逆だったこともあるそうです。えええええ!どうやったらそんな間違いに気づけて、正しいルートにいけるんだろう…。すべては経験値ですね。

ここはオプション。プチアタックポイント。
th_12963883_1122041697861490_1134298303252401728_n.jpg
th_12993557_1122041524528174_1221415247429107928_n.jpg
ものすごく難しい訳ではないんですが、ラリー仕様のマシンはちょっと重いので大変です。
th_IMG_9395.jpg
なんとか登頂しました♪
th_IMG_9389.jpg

温泉に入って、宴会して
th_13000160_1122049287860731_5945944128145911411_n.jpg
th_12993370_1122047204527606_904773042162971601_n.jpg
遅くまで仲間と呑み、語らい、そしてまた翌日も走れる幸せ…。

4月10日
th_12936542_1122040834528243_3344968750644043057_n.jpg
二日目は北上して、双葉、川内村、富岡の方面へ。

ここはドキドキポイント。
th_IMG_9412.jpg
写真ではわかりにくいのですが、崩落していて道幅が狭まっており、左側が崖なんです。

一日目は走りやすい林道が多かったのですが、二日目はほどよく荒れたルートが多く、それがまた楽しい
のです。
th_IMG_9418.jpg
th_IMG_9424.jpg

僕のバイクのリアタイヤが途中でパンクしたのですが…
th_IMG_9426.jpg
めぐちゃんパンク修理サービスのお世話になりました(笑)
th_IMG_9427.jpg
TBIに向けてパンク修理の特訓中とのことなので、実践的練習素材を提供させていただきました。なかなか上手でしたよ♪
楽させていただき、ありがとうございました。

ちょうど桜が満開でした。
th_IMG_9444.jpg
th_IMG_9469.jpg

富岡町、立ち入り禁止区域のすぐ側の桜並木。
th_IMG_9487.jpg
美しく、なんだか切ないですね。
(撮影:めぐめぐさん)

VanVanラリー仕様 (by ミサイルファクトリー)で、大きいバイクと変わらない走破性を見せちゃった木の実さん。
th_IMG_9479.jpg
ベテランラリーストがVanVanにまたがって走ってる姿が、なんかもう…
ラリーのチョロQ?を見てるみたいで、かわいいんです(笑)
今年はこれでTBIを走るって言うんだから驚きです!すごいなー

ラリーメーターrc-7や電動マップホルダの使い方を学び、いろんな人のラリーマシンを見せていただき、いろんな人にアドバイスをいただき…TBIに向けての良いリハーサルになりました。企画いただいたナックさん、また参加したすべてのみなさん、楽しい二日間をどうもありがとうございました!

JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク CRF250L | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
週末はコマ図ラリー練習会
今週末は、北国の某所でコマ図ラリーが行われるので、ちょっと遠征してきます。
KTMでオンタイムレースの翌週は、CRFでコマ図ラリー。やることも乗るバイクもまったく違います。準備がギリギリです。でも、楽しいことしに行くんだからしょうがないですよね。

借り物の電動マップホルダに、借り物のステー。自前のラリーメーターrc-7は、今日つけたばかりで使い方がまだよくわかっていない状態。TBI本番までには、配線コネクタなどにまだまだ見直しが必要ですが、とりあえず今週末はこれでなんとか走れそうです。

TBIのレギュレーションにあわせて、排気系もノーマルに戻しました。

…4kg近くの増量になります。確かに重いです。が、バイクを転さない限りはそれほど問題はありません。

そう、今年のゴールデンウイークには、TBIというラリーに参加する予定なんです。
ラリーは、すえいしさん主催の「てんこも林道」と、山原さん主催の「Door Of Adventure」しか走ったことがない素人の僕が、TBIに出ますって言ったら、いろんな人がアドバイスをくれて、手を差し伸べてくれました。pirafuさんがステーを貸してくれたり、しまちゃんとトシヨシさんが電動マップケースを貸してくれたり…。ほんとにありがとうございます。ありがたくご好意に甘えさせていただきます。僕がTBIを完走できたら、それこそが一番のお礼のメッセージになると信じて頑張ります。 本当にみなさん、ありがとうございます!

まずは今週末の二日間で、rc-7の使い方をマスターしなくっちゃ…
JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク CRF250L | 19:09 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
CRF250L メンテ記録 チェーン&前後スプロケ交換
3/26(土)
チェーン&前後スプロケの三点セット交換を行いました。
交換時の走行距離メモ:15700km

ガクさんから譲り受けたときに装着されていた12-42(FR3.500)から、ほぼ同等、ごくわずかにロングな13-45(FR3.462)へ変更。
th_IMG_9014.jpg
th_IMG_9009.jpg
ちなみに標準は14-40(2.857)です。それに比べるとずいぶんショートですが、思い切ってこのくらいショートに振ったほうがこのバイクは面白いんですよね。それでも、80〜100km/hでの高速道路での移動も可能ですし、インジェクションで燃費が良いので、舗装路の移動ならリッター27-30キロ、ダートでも25キロくらい走ります。

チェーンは、こちらのサイト「Ez Custom Bikes」での計算結果で、必要リンク数が106または108リンクという結果でした。

そこで110リンクを買っておいて、現物合わせで判断しました。106リンクはちょっと厳しそうだったので、2Lカットで108リンクにしました。

モノタロウのセールで買ったチェーンツール。使い勝手は、まあまあといったところですが、安かったので文句はありません。
th_IMG_9032.jpg
th_IMG_9021.jpg

リアスプロケットが大きくなるため、チェーンガイドを下に移動するチェーンガイドステーを使用しました。

これは、ネットオークションにて1800円で購入できるものなんですが、チェーンガイドが共通のXR250用が使えるだろうと勝手に判断して落札し、出品者様に「CRF250Lで使うつもりです」と連絡したところ、「スイングアームについてるチェーンガイド取付ステーの厚さがXRやCRMと比べて厚かったと思いますので、スペーサーの厚さを調整する必要がある」とのご連絡をいただきました。

そこで僕がステーの厚さをノギスで計り、出品者様にお伝えしたところ、CRF250Lに合わせて新たにスペーサーを削りだしてくださいました。この仕様にて、CRF250L用チェーンガイドステーとしてオークションにレギュラー出品される予定とのことですので、必要な方は期待して待っていてください。
th_IMG_9023.jpg

ちなみに、以前紹介した「CRF250LのAIキャンセルの蓋」も、1800円でこの出品者様から購入したものです。

TBIまであと一ヶ月。ちょっと早めに変えたのは、TBIまでに初期伸びを取るためです。
th_IMG_9056.jpg
もっとも、今時のシールチェーンは、ほとんど初期伸びなんてしないそうですね。

JUGEMテーマ:車/バイク
 
| オフロードバイク CRF250L | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
LEDヘッドライトバルブ
CRF250LにLED-H4バルブをつけてみました。
3300円と、中華製品としてはけっこうお高いやつです。
th2_IMG_8947.jpg
ロービーム1面、ハイビームは3面同時発光です。
th2_IMG_8985.jpg
4500ルーメンと書いてあるけど、本当かなあ。中華製品はスペック盛るからなぁ笑

後部に冷却用ファンがあるため、防水カバーに切れ目を入れないと装着できません。
th2_IMG_8955.jpg
しばらく使って大丈夫そうだったら、カバーの切ったところをコーキングで塞ごうかと思います。

夜になったら点灯実験
th2_IMG_8980.jpg
ロービーム
th2_IMG_8978.jpg
ハイビーム
th2_IMG_8977.jpg
かなり明るいですよ(^^)
これで夜の林道やSSも走れるように…なる…のか?
まあ、頑張ってみます!



JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク CRF250L | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
2016 ハイブリッドカップ 参戦レポート
かつてはみんな自分のナンバー付きトレールバイクで、いろんなイベントやレースに参加していました。僕ははじめてのオフロードバイクDT230LANZAやその後乗り換えたCRM250ARにて、HGエンデューロや定義2DAYSに参戦していました。

今はどこのエンデューロレースに行っても、参加バイクは外車レーサーが半数以上、その他は国産モトクロッサー(改)とで、トレールバイクは皆無またはごく少数になってしまいました。かくいう僕も、普段はKTM125EXCでエンデューロレースに参加しています。

そんな中で、ガレージハイブリッドさん主催の「ハイブリッドカップ」は、参加バイクの半数近くがトレールバイクやファンバイク(XR100やTT-R125等)という、今ではある意味貴重なレースです。

そこで今回、僕はそんなハイブリッドカップへのリスペクトの気持ちを込めて(笑)敢えてトレールバイクCRF250Lで参加することにしました。トランポ乗り合いで参加する「ぽくり。」さんことみっちゃんも、SL230での参戦です。
th_th_IMG_8607.jpg
(…と、まるでトレールバイク推奨みたいに書いてしまいましたが、もちろんレーサーで参加でも全然OKなんですよ、念のため。)

そんな僕の気持ちに応えてくれるかのように、バリバリにカスタマイズしたCRF250Lの自走で参加してくださったジャンゴさん。
th_th_IMG_8615.jpg
現在入院中のモトテイストさんが送り込んだ刺客w、昨年11月にオフをはじめたばかりというオクダくんもまた、2stトレールバイクKDXでの参加です。
th_th_2016-03-06 10.01.37.jpg

天気予報は数日前まで雨マークだったのですが、前日に雨マークは消え、よい天気になりました。

最初に行われたのが、「わくわく&はじめてレース」(40分レース)
オフ歴四ヶ月足らずのオクダくんは、より初心者向けの「ドキドキ」クラスに、ジャンゴさんとみちゅさんは「ワクワク」クラスにエントリー。
th_th_IMG_8623.jpg
th_th_IMG_8652.jpg
th_th_IMG_8660.jpg
th_th_IMG_8648.jpg
th_th_IMG_8654.jpg
th_th_IMG_8649.jpg
th_th_IMG_8661.jpg

オクダくんはドキドキクラスで優勝、ジャンゴさんはワクワククラスで三位、みちゅさんは同じく二位と、みなさん見事な成績でした。
こちらのクラスにはまた、ハイブリッド金子さんの娘さんも参加されていて、後日Facebookにアップされたレポートは、まさか自分が乗ることはないと思っていたオフロードバイクに次第にはまっていく気持ちと、お父さんへのリスペクトにあふれていて、とても心があたたまるものでした。実はこのクラスこそが、ハイブリッドカップの主役なのかもしれません。

次に行われたのが、レース経験者向けの「バトルオブ八方」(40分レース)
姫丸さんや僕、みっちゃんらがこちらに参加しました。
th_th_2016-03-06 10.52.49.jpg
th_th_2016-03-06 10.52.23 HDR.jpg

40分だと、完全にスプリントレースのペースですね。キャメルバッグの水なんて飲む暇もありません。僕は残念ながらトレールマシンクラスで入賞できませんでしたが、姫丸さんは女性クラスで優勝、コンペマシンクラスでも入賞。さすがです。

ランチタイムの際に、ジャンゴさんのマシンに試乗させてもらいました。
これについてはまた別記事でご紹介します(^^)。

さて、午後には、メインイベント「ハイブリッドカップ」(90分レース)が行われました。
姫丸さんやMC GEAR大西さん、T塚夫妻、オクダくん、みちゅさんらも参加です。
th_th_2016-03-06 13.25.40.jpg
オクダくんは、右の山のヒルクライムにやっつけられて、完走したエントラントの中でビリの成績に…。一日の中で表彰台てっぺんとビリを味わうという得難い経験をしました。
th_th_IMG_8675.jpg
でも、諦めずに完走したのは立派です。実は、「キャメルバッグの水がもうないのでリタイヤします」とか弱気になりかけたところを、しまちゃんが「水あるよ、あげるよ」とかいって、強引にコースに送り出したそうですw しまちゃんナイス!

姫丸さん、みちゅさんらはまたまた入賞してました。さすがですね〜

僕はレース3周目あたりで一度転倒し、ハンドガードとフロントタイヤのセンターがずれてしまったため、やむ終えずピットインしました。ちょうどしまちゃんがいてくれたので、タイヤを蹴ってステアリングのずれを修正してもらい、ついでにゴムが伸びてずれてくる鬱陶しいエルボーガードを脱ぎ捨ててからレースに復帰しました。そんなロスタイムはあったものの、無事に完走。
th_th_2016-03-06 11.23.17.jpg
そしてハイブリッドカップの「ファンクラス」でなんとか5位でギリギリ入賞できました。
th_th_IMG_8726.jpg
th_th_IMG_8753.jpg
CRF250Lは「やればできるバイク」だということを自分なりに証明したかったので、とても嬉しい結果です。CRF250Lはちゃんとオフロードを楽しく走れるバイクだということを、これからCRFを買う人、買ったけど通勤通学オンリーでオフロードを走ったことが無い人などに、ぜひわかっていただけたらいいなあと思います。(…という点において、僕とジャンゴさんとハイブリッド金子さんの気持ちは一致しています(笑))

表彰式では、みんなニコニコで、終始なごやかで楽しいムードでした。
th_th_IMG_8705.jpg
th_th_IMG_8743.jpg
th_th_IMG_8747.jpg
th_th_IMG_8683.jpg
なんていうか、愛がありますよね。
僕らはジャンゴさんともオクダくんとも初対面だったのに、ずっと前からのお友達みたいでした。
これもハイブリッドカップ&オフロードバイクの魔法なのかもしれません。

ハイブリッドカップの会場である八方スポーツランドは前日にフリー走行ができます。走行料金は2000円と格安です。ついでにお泊まりで宴会もできます(笑)。
th_th_IMG_8600.jpg
また、当日エントリーでもエントリー代は変わりません。特にトレールバイクや、レース未経験、初心者のみなさんで、レースの参加に不安のある方は、前日入りしてコースを走ってみて、走れそうだなと思ったら当日エントリーする、という手がありますよ。来年はぜひ参加してくださいね!


JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク CRF250L | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
| 1/4PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE