<< CRM250 オーバーホールの経過 | TOP | ついに発売!ヤマハWR250R >>
| /PAGES | || TOP
CRM250 フロントフォークオーバーホール
先日、北海道からの帰りのトランポ内でオイル漏れを起こしたので、オーバーホールすることにしたフロントフォーク。いくつか失敗をしつつも、なんとか作業完了。

一番の懸案だった「オイルシールの打ち込み」は、今回はシールドライバを使わず、こちらのページで紹介されていた方法でやってみたら、あっさりうまく行きました。古い方のスライドメタルを思いっきり手で広げて、ダストシールとオイルシールの間のインナーチューブ上に被せてから、今度はぐいっと手で縮めて、オイルシールの溝にはまる大きさに調整し、「即席オイルシールドライバ」をつくります。これで数回打ち込むと、オイルシールが奥までキレイに収まりました。作業が終わったら、不要になった古いスライドメタルを思いっきり手で広げて、インナーチューブを傷つけないように取り外します。

とまあ、そのあたりはまったく問題なく進んだのですが…
フォークオイルを入れて、エア抜きでフォークを伸縮する際に、フォークをうっかり伸ばし過ぎてインナーチューブ上部の穴が空いているところまで引っ張ってしまったり(オイルが漏れるだけではなく、オイルシールを傷めるので、絶対やっちゃいけない…)、フォークボルトをピストンロッドに締め付ける際に手が滑ってフォークを倒しそうになってオイルをこぼしてしまい、再度油面をはかりなおすはめになったり…。まあ、「ありがちな失敗」をひととおりやったので、次にやる時はここまでは失敗しないでしょう。インナーチューブの穴を乗り越えたオイルシールがどれだけ傷付いてしまったかが心配ですが、万が一早い段階で漏れてきたらオイルシールだけ交換してやればいいわけだし、今度は今回よりは手早く交換できそうです。

ちなみにオイルはYSP所沢で買ったヤマハ純正のフォークオイルで、1400円/1Lくらいでした。となりのスズキで買えば、あと200円くらい安かったかな。

まあそんなこんなで、なんとかここまで進みました。CRMが再び走れる形になるまで、あとちょっと。


覚え書き:
CRMパーツリストにて
51490-KAE-305 シールセット(オイルシールとダストシールセット)
の、1台あたりの必要個数が「1」となっているが、誤植。左右やるなら「2」必要。

今回、オイルシール/ダストシールの他、インナーパーツはスライドブッシュ、ガイドブッシュ、バックアップリング、フォークボルトのOリングを交換した。センタボルトのワッシャは交換していない。(CRM250メンテブックに従いダンパーをインナーチューブから取り外さない方法で行ったので)

オイル量は無限の説明書に従い700cc/油面87mm(スペーサーなしで)。
| オフロードバイク CRM | 16:42 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
古メタルで簡単に出来るのね!経験談は参考に頂きまーす
Fサスは自身、OHした事が無くRサスはやった事ある。
Rサスはエアの混入が心配なのですが、それ以外は難なく
クリア作業でした。

ところでそちらの鍛錬場所、○○裏の河川は台風で冠水したの?
| よね | 2007/09/07 9:33 PM |
よねさん、こんばんはー
リアサスのほうが難しそうだなあと思うんですが、どうでしょうね?CRMのフロントフォークはそれほど難しくありませんでした。CRのフロントフォークも、中のカートリッジに手を付けなければ同じようなもんかな?と思います。

いつもの練習場所ははたして冠水したかなあ?そこまでじゃないと思うんですが。まあしかし、間違いなくドロドロでしょうね。明日あたり、shingさんが調査に行くのではないでしょうか…自転車で。(笑)
| masato/がべじん | 2007/09/07 10:34 PM |
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE