<< デキモノ治癒、そして再発防止の為に | TOP | オフロードバイクの洗い方 >>
| /PAGES | || TOP
テスト走行
 先日の秋祭りの後、フライホイール増量、フロントブレーキディスク&パッド新品交換、サスセッティング変更(ダンピングよわよわ仕様)、キャブのニードルクリップ一段下げなどCRのセッティングをいろいろ変更したため、このままギャロップXぶっつけ本番は怖いので、仕事の前に、午前中にいつものとこで一時間半だけテスト走行してきました。
連日の雨でチュルチュル、当然バイクはドロドロになりました。


走る前に、ちょっと一騒動ありました。バイクを車から降ろしてさて、エンジンをかけようとキックを踏むと…キックが降りない!
焼き付き?なわけはないな。すぐに気がつきました。
フライホイールウエイトが厚くて、クランクケース(ジェネレータ)カバーに当ってます。カバーのボルトを二回し緩めるとキックが動く。ふむふむそういえば、市販品の12-14OZの大きいフライホイールウエイトをつける際にも、カバーの内側をグラインダーで削るとか、もしくは2mmくらいのスペーサー(ガスケットと同型のアルミ板)を挟み込むような仕組みになってます。というわけで、カバーをとめる四本のボルト部に、タイヤバルブ用の薄いナットを挟み込み、スペーサー代わりに。もちろんそのままでは隙間が空いているので、ビニールテープでぐるぐるまきに。今日の所はこれでとりあえずOKでした。

むろんこのままレースに出るわけはなく…カバー内側の当る部分をほんの少しだけグラインダで削ります。さらにDOITで3mm圧の硬質ゴム板を買ってきましたので、スペーサー兼ガスケットを自作します。ああ、それにしてもテスト走行に行って良かった…。気づかずに本番を迎えていたら、現地でパニックです。

重くしたフライホイール(+ニードルクリップ一段下げでガス濃いめ)の効果は、確かにレスポンスが穏やかになりました。これが3時間のレースでどう生きるかは、やってみないとわかりません。
フロントブレーキの慣らしはOK。

さあて、今夜のうちにスペーサー兼ガスケットつくって、明日は洗車して最終整備にかからなくちゃ。もちろん仕事もあるし、忙しいな〜。

ところでミニコースが草で壊滅状態です。草刈機が必要だなあ。
四駆エリアだけは整備されており、もはや既得権の主張は難しい状態ですが、うまく共存できるといいんですけどね。
| オフロードバイク CR | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE