<< 印西凸凹ランドが営業期間を延長 | TOP | 16GBコンパクトフラッシュが9,980 円(税込・送料無料) >>
| /PAGES | || TOP
KTMのサービスマニュアル
 今年の1月に注文したのだが、どういうわけかその後2007版が日本に入荷しなかったらしい。そんなわけで、11月になってようやく入荷したのは、最新の2008モデルまでのサービスマニュアルがPDFで収録されているCD-ROM。

 足に怪我をしていたせいで、KTM埼玉から入荷の連絡をもらったにもかかわらず取りに行けずにおよそ三週間が経過してしまい、「代金引換便で送ってもよろしいですか?」と再度電話連絡がきたため、送料&代引手数料がもったいないと、あわてて本日受け取りに行ってきた。
オーダーから入荷までに10ヶ月もかかったのはあんまりな話ではあるが、これだけ多年式のデータが入って1575円という価格はとても良心的だ。KTMの場合、パーツリストはWEBで無料にて閲覧できるので、これでようやく本格整備に必要なマニュアル類が揃ったというわけだ。

 日本のバイクメーカーもCD-ROMもしくはいっそ有料(無料?)ダウンロードサービスによるPDFのサービスマニュアルに移行してもらえると助かるのだが。実際、紙媒体より安価に量産しやすいし、ヤマハはすでにパーツリストを電子化してWEBで無料閲覧可能にしているのだから、実現不可能ということはなさそうだ。

 ただ、PDFでのマニュアルは安価なのだが、なにぶんPCの画面で閲覧するものなので、ガレージにパソコンを常設していて整備しながら常に参照できる環境ならそれだけで十分だが、僕のように屋外でバイクを整備する環境では、結局大きな整備の際には必要なページだけをプリントアウトすることにはなるだろう。趣味でバイクをいじる一般ユーザーや、KTMショップのように特定メーカーのバイクしか扱わないバイクショップにおいてはそれで十分なのだが、カワシュウオートサービスのような国内4大メーカーすべての修理を請け負うようなバイクショップに於いては、やはり作業の時に手にとりやすく、一覧性が高い紙媒体のサービスマニュアルのほうが好まれるのだろうから、冊子とCD-ROMの両方を販売してもらえると一番いいのだろう。
  
 なお、KTMのサービスマニュアルは日本語版にはなっておらず全編英語なので、これは頑張って読むしかない。英語のほか、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語ものマニュアルも収録されているが、残念ながらこれらは頑張っても僕にはまったく読めない。
| オフロードバイク KTM | 14:52 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
おりも先週引き取ってきたよ。ちーとも分からんから、KIKIちゃんのマシン整備の時に一緒にやってくれんかのぉ〜。
| うえの | 2007/12/22 11:51 PM |
そんなときは、ただいま英語の猛勉強中のおじょー選手に「ああ、英語のマニュアルの日本語への翻訳ってすごく勉強になって、実に楽しいなあー」ってこれみよがしにいうと、「ちょ、頼むから私にKTMのマニュアルを日本語に翻訳させてえ」ってなことになるかも知れませんぞ。トムソーヤのペンキ塗り作戦!

冬の間に腰上OH(すでに手元にある、二本リングのEXC用ピストンに交換)するかなあと思っていますが、いつできるかなー。
| masato/がべじん | 2007/12/23 1:06 AM |
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE