<< 雪掻キキ | TOP | KTM125SX ようやく腰上オーバーホールに着手 >>
| /PAGES | || TOP
Gateway GT5082j 修理&アップグレード
ハードディスクが壊れたので、修理してほしいとの依頼を受けたPC。
Gateway GT5082Jという機種で、CPUはCore2Duo E6300(1.86GB)なので、まだ現役で使えそうだ。PCを修理する場合には、修理代が買い替え価格を上回ることがないように、まずは修理予算を設定する。今回は15000円以内(ハードウエアの価格。OSは別)と決めて、ハードディスク1TB + メモリ4GBにアップグレードすることにした。

ハードディスクはSEAGATE ST1000DM003 (1TB)に交換。送料を加算して9424円。タイの洪水の影響で値上がりする前なら、同じ予算で2TBが買えたのだけれどね。メモリーは、もともとついていた512MB x 2 に、シリコンパワー 240pin/DDR2 800/PC6400/2GBx2枚(送料込3230円)を追加し、合計5GBとした。

この構成にした上で、Windows7 Professional 64bitのCDから起動し、インストールを試みた。しかし、インストールの最後に「このコンピューターのハードウェアで動作するように Windows を構成できませんでした」のエラー。

BIOSの設定でHDDのSATAモードを見るとRAIDになっていたので、これをまずはAHCIに変更。しかしそれでもインストールできなかったので、再びBIOSに戻ってHDDのSATAモードをIDEに変更してみたらインストールできた。…後から調べたところ、これはSP1の当たっていない、古いWindows7インストーラの問題のように見受けられる。ならば、インストール時にUSBメモリで最新RAIDドライバを追加するというこちらの記事の方法論のほうがスマートだったかな。

ようやくWindows7で起動したものの、亀のように遅い動作に辟易。IEを立ち上げてもなかなか立ち上がらず、すぐに「応答なし」になってしまう。システムはちゃんとメモリを5GB認識しているし、ハードディスクも大容量かつ高速になっているのに、なぜこんなことに?と、一日悩んだのだが、ふと思い立って最初についていた512MB x 2のメモリをはずしてみたところ…これがビンゴで、とても軽快に動作するようになった。ネットサーフィンとちょっとした仕事にはまだまだ現役で使えるレベルだ。

増設メモリがPC6400であったのに対して、もともとついていたメモリがPC4200のメモリだったせいなのか、それとも、4GBを超えるメモリを搭載すると不具合が起きるのか?できれば空いた2スロットに、同じ2GBメモリを二枚追加して合計8GBにして、正常に認識、動作するかも検証してみたいところだな。

| コンピュータ・インターネット | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE