<< 掃除機を買った Electrolux Ergorapido Ultra 2 In1 Stick Vacuum EL1022A | TOP | 自転車のタイヤを交換  パナレーサー(Panaracer) リッジライン >>
| /PAGES | || TOP
整備記録:CRM250AR パッドピンが抜けない
昨日のことだが、CRMのフロントキャリパー整備にて、パッドピンが固着しかけてボルト(HEX)が舐めそうになった。少しでも舐める感触があったら、普通にやってももう緩まないんだよね。

前回メンテ時に固着防止のためシリコングリスをちょっと塗ってあったとは思うのだが、なんせトレールバイクは整備頻度が少なくて、いざやろうと思うと「わ、こんなことに」って箇所が多い。もしかすると、前からナメかけていたような気もしないでもない。

さて、まずは556を吹いて浸透させ、次にHEX穴の奥にドリルで穴を掘る。ここのHEXサイズは5mmなのでまずは4mmで掘って、次にボルト壁をけずらないよう慎重に4.8mmに拡張。深さ3mmほどほれたら、ヘキサゴンソケットをハンマーで叩き込む。ゴムハンマーじゃだめ、金槌でこれでもかっというくらい、叩き込む。

そうすると、556浸透と金槌で叩いたことによって固着していた部分が剥がれやすくなる上に、奥に掘った4.8mmの穴にも5mmHEXが食い込んで、手前の舐めかけた部分だけでは回らなかったボルトがはずせるようになるのだ。


やれやれ、はずせて良かった。ちょっと高いけどステンレスピンに換えとこうかな。
と思ったけど、やはり純正の方がずっと安いので純正をオーダー。余計なお金かけるところあないしね。ついでに、パッドピンの蓋も換える。こちらもマイナス頭でナメやすい。
蓋  45203-MG3-016 プラグ,ピン   220円
パッドピン 45215-HA5-672 ピン,ハンガー   430円

ちなみに、ステンレス製パッドピンは1980円だったかな。さらにはチタン製もあるそうで、値段は4400円…誰が買うんだろう(笑)。
| オフロードバイク CRM | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE