<< 整備記録:CRM250AR パッドピンが抜けない | TOP | KTM クラッチカバーが… >>
| /PAGES | || TOP
自転車のタイヤを交換  パナレーサー(Panaracer) リッジライン
 先日、サイドウォールが割けた自転車のタイヤ。

割けたのはフロントだったが、リアもひび割れだらけでトレッドパターンもツルツルだったので、過去ログを調べてみたところ、2008年12月に前後交換したものだった。
三年半以上も使えば、ボロボロにもなるわけだ。これは前後交換だな。



今回はセミスリックタイヤからセンターリッジタイヤに交換。
パナレーサー(Panaracer) リッジライン ブラック 26x2.0 というタイヤだ。
 
見た目はオフロードパターンでMTBらしさをそこなわないが、実はセンターのブロックが細く一直線につながっているため、空気圧を高く(規定値の上限くらい)にしておけば、設置面積が少なく、ロードタイヤのように抵抗の少ない乗り味になる。逆にオフを走る際には、規定の範囲内で空気圧を低めに設定すればいい。オフロードバイクでいうところの、トレールタイヤみたいなもんかな。

普段はオンロード主体だが、MTBらしさも残したい…という使い方にはちょうど良い選択。値段も安いしね。

自転車乗るときに持ってると安心なセット。

でも、どういうわけか持ってないときに限ってパンクするんだな(笑)。
| 自転車 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE