<< はじめてのトライアルタイヤ交換(チューブレス) | TOP | 車(バネット)にドライブレコーダー&バックカメラセットを取り付けたよ >>
| /PAGES | || TOP
はじめての埼玉ビギナーズトライアル
2月24日(日)
みっかーさんの紹介で「埼玉ビギナーズトライアル」という、トライアルの初心者向けの大会にはじめて参加してきました。同じ初心者のまーやさんや(菊)さんも誘ってみたのですが、どちらも参加できないということで、今回は僕とみっかーさんの二人で行きました。


会場の場所は埼玉の某所です。普段は入れないところを、大会の際に特別に許可をいただいてお借りしているので、いちおう秘密なんだそうでWEB上には書けないのです。

参加クラスは「エンジョイビギナー」「ビギナー」「エキスパートビギナー」があるということで、僕は「エンジョイビギナー」からじゃないのかな?とみっかーさんに言ったんですが、却下されました(笑)ので、「ビギナー」クラスにエントリー。みっかーさんはもちろん、「エキスパートビギナー」です。

エンデューロの前のような緊張感もなく、和気あいあいと始まった大会ですが、いざセクションに入るとやっぱり緊張しました。膝が不必要に曲がった前のめりの乗車姿勢でリアのトラクションが抜けているところにラフなアクセルワークでずるっと滑って足をつく、そればっかり繰り返していました。
前半4セクションは、3点の山を築きました。

トライアルで3点というのは「三回以上足をついた」ということで、セクション不通過、転倒などの5点を除いての最低の点数なんです。しかもこの大会では、ミスコースによるラインクロスとか、通過できないが故のギブアップ(まあ、普通はあり得ない)をのぞいては、5点をとることはめったにありません。その中での3点の山でしたので、これはもう最下位かなあ、と思っていました。

しかし、後半の4セクションは前半の逆走で、簡単になっていました。こちらになると、リラックスして走れたこともあって、点数は0(クリーン)か1(一回足付き)で通過できるようになりました。
感覚的にも、前のめりでない、膝の伸びたフォームで乗れるようになってきた気がしました。みっかーさんが写真や動画を撮ってくれたのは、残念ながら、まったく乗れてない前半がほとんどなんですけれどね…(笑)動画の最後がかろうじてひとつだけ、後半の第五セクションでクリーン出した時のですね。まあ、見ての通り、簡単なセクションですよ。


後半で一度だけ出してしまった5点は、逆走になったためにマーカーテープの色も逆になっていたのを理解できておらず、ミスコースしまったものです。これは悔やまれます。

終わってみたら8位/12台でした。まあこんなもんでしょ、ビリじゃなかっただけまだいいかなあ、と思ったんですが、後でリザルトを詳細に見て、ミスコースの5点が0点か1点だったら7位でした。そしたら、なんだか悔しくなってきました。

ちなみにみっかーさんは上のクラスで優勝ですよ。まあ、当然でしょう!(笑)

エンデューロに生かす意味でも、せっかく手に入れたトラ車で練習するか、と思ったのがこの数ヶ月のことで、まだまだ大会に出てどうこうというレベルではないのですが、大会の雰囲気や、自分がセクションの中でできないことなど、参加してみないとわからないことがたくさんあり、収穫の大きい一日でした。そしてなにより、大会全体、参加者のみなさんの雰囲気が良くて、楽しかったんです。ほんとに参加して良かったな。

参加費用は、登録費1000円(初戦のみ)+当日の参加料4000円。参加賞にパーツクリーナー、また賞品としてほぼ全員に日本酒(ただしクラス最下位のみ酒粕(笑))がいただけます。コンペとしてはかなり安いですよね。開催地が近場なので気軽に行けて、交通費があまりかからないのもステキです。


日程

第1戦  2月24日(日)終了
第2戦  4月14日(日)
第3戦  6月 9日(日)クラブ対抗戦 併催
第4戦  7月28日(日)
第5戦  9月29日(日)クラブ対抗戦 併催
最終戦 11月17日(日)

ちなみにY2Crossの日程はというと
第一戦 4月21日
第二戦 6月16日
第三戦 7月21日
第四戦 10月6日
最終戦 11月10日

おお!なかなか見事に重なっていません(笑)。とはいえ、他のレースと重なることもあると思いますが、可能な限りはまた出てみようと思います。

そうそう、大会が終わってからも、会場の敷地を自由に使って練習できるのです。
これは、僕の練習課題をみっかーさんにお手本でやってもらった動画です。
みっかーさんがあんまり簡単に超えるので、全然大したことない段差に見えますが、そうでもないんですよ。僕がやると、二個目の段差にリアタイヤがひっかかることがほとんど。もっとスピードつけてガツっとあてていくと「偶然」超えられたりするんですが、バランスがくずれて転んだりもします。みっかーさんのように、勢いじゃなくて体重移動とアクセルワークで軽々と超えられるようになりたくて、みっかーさんに教わりながら何度も練習しました。なかなか出来ないのですが、こんな風にすればいいんだろう、という方法論はなんとなくつかみました。

まずはリア荷重の体制。高々とフロントをあげる必要はなく、軽くあげて、そっと段差に載せる。ちょうどフロントが段差に乗ったあたりで一旦停まるつもり。勢い余ってリアが段差に当たるようではダメ。ここからもう一度アクセル開けて、今度は身体が前、抜重の体制。

そんなことを考えながら、何度も練習するしかないでしょうね。

帰宅後は、砂肝焼いたのをツマミながら参加賞のお酒をちょっと一杯…300mlですので、するっとぜんぶ吞んじゃいましたけどね。
| オフロードバイク レース | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE