<< TBI2016参戦記 DAY6 | TOP | アフターTBI >>
| /PAGES | || TOP
Door of Adventure 春 2016
2016年 05月 21日
Door of Adventure 春 2016に参加してきました。
春DOAへの参加は、今回で三回目です。

過去レポ
2014 春DOA (KTM125EXCで参加)
2015 春DOA (CRF250Lで参加)

三回目の参加だし、TBIでかなり厳しいラリーを体験した後だったので、春DOAへの参加については割とお気楽気分で構えていました。しかし、DOAのエントリー自体がTBI直前でバタバタしていた時期だったので、事前のインフォメーションをろくに読んでおらず、大事なことを見落としていたのです。…なんと今回から、金曜日の前泊については事前申し込みが必要で、別料金になっていました。別料金といってもわずか1000円ですので金額的にはまったく問題ないのですが、申し込みそのものをしていなかったので、前泊ができませんでした。

早起きして行こうかな?ともちょっと思ったのですが、今回から受付は一時間早くなり、朝の五時から。家を夜中の二時に出ることになるので、ほとんど寝る暇がありません。やはり現地に前乗りして車で寝るのが賢明です。

ということで、前夜にアクアラインを渡り、まずは「寿司・活魚料理いそね」にて「はかりめ二色丼」を堪能。ちなみに、「はかりめ」とは「あなご」のことです。
th_th_IMG_0069.jpg
【上品にやわらかく煮あげた穴子に天然塩とレモン・シソの葉でさっぱりと味付けした「穴子のさわやか丼」といそね特製の煮汁でこってりと煮あげた定番の「はかりめ丼」の2つの味が楽しめるいそねでしか食べられない一品】

その後は、大西さんや三原さんからお勧めいただいた「九十九谷公園」でひとり前泊することになりました。ここはトイレがあり、いつでも出入り自由な公園です。
th_th_IMG_0073.jpg
前夜に暗い公園で一人というのはちょっと寂しいシチュエーションですが、ゆっくり眠れたし、朝の景色は最高だったので、これはこれで良かったですね。

四時過ぎに起きて、四時半に出発。
DOA会場(マザー牧場オートキャンプ場)までは車で10分。
th_th_IMG_0079.jpg
朝の空気がひんやりと漂う会場でバイクをおろして、バイクの準備。五時に受付開始です。
手続きは可能な限りまとめてやったほうが楽なので、僕の場合は、受付に必要な書類(受理書等)を持ち、車検を受けられる状態のバイクに乗り(当然ですが、ちゃんとヘルメットを被って)、徐行運転で受付テントに向かいます。

受付テントの側の邪魔にならないところにバイクを停めて、受付が終わったら、その場でフロントゼッケンを貼り、そのまま車検を受けて、車両をスターティングエリアに入れます。
th_th_IMG_0084.jpg
なお、DOAの場合は車両をあずけた後も特に制限なくこのエリアに立ち入り、マシンに触れることもできますので、いわゆるパルクフェルメ(=不正防止のために車両をチームから隔離し、一時保管する場所)ではありません。その感覚で、TBI等の規程の厳しいラリーに出た際に、車検が終わった後に時間外にパルクフェルメに立ち入るとペナルティーを受けることになりますので、その点はご注意ください。

テツさんもやってきました。
th_th_IMG_0075.jpg
最新型のアフリカツインDCT!
…いつの間にこんなものを買ったのかと思いきや、なんでも、「社用車」だそうですよ。
そして今回のDOAへの参加はあくまで「お仕事」だそうです。
それでも、うらやましいですね。

受付車検が終わったら、やらなくちゃいけないのがマップの作成
th_th_IMG_0078.jpg
A4の束で配布されますので、真ん中でカットし、張り合わせてロールにします。
カッター&カッターマット、テープ糊があると便利です。
th_th_IMG_0081.jpg
TBIで得た経験から、もう分岐方向をマーカーで塗ったりしませんので、以前より時間がかかりません。
その代わりにチェックすべきなのは、CPの位置と開設時間、GSの位置です。
しかしながらDOAの場合はインフォメーションの書類にすでにCPの位置・開設時間が記載されていますので、あらかじめマップホルダにメモが貼付けてあります。また、総走行距離が200kmちょっとなので、僕のCRF250Lの場合はビッグタンクにガス満タンでスタートすれば給油の必要がないため、GSの位置はチェックしませんでした。
th_th_IMG_0082.jpg

スタッフで参加のくっしーさん。ニコニコ楽しそうです
th_th_IMG_0087.jpg

7時から朝のブリーフィング。
th_th_IMG_0086.jpg
ツーリングイベントなので、マナーを守って楽しく走りましょう。

7時30分からのスタートですが、僕のゼッケンは143番なので、一時間半以上も先…8時40分過ぎのスタートになります。
th_th_IMG_0089.jpg
僕らが出る頃には、スターティングエリアは、がらーんと寂しい状態に…
いよいよ冒険の扉が開きましたよ♪
前を走るフリーライドさんが、3コマ目くらいの分岐で「道なり」に見える左に走って行きました…ここは右でしょう。
コマ図は良く見ないとね。2014/2015の春DOAのルートは「あ、ここ去年と同じかも」と思うところがあったのですが、今回はコマ図が一新されていて、ルートがとても新鮮でした。

CP1までは51km、開設時間は10時30分までですから、二時間足らず。この区間はやや急ぎ目でいったほうが良さそうです。
実際、さぼったりはしていませんが…途中で、「道なり」がどちらかわからず、うろうろと二回も迷ってしまいました。

コマ図では、「これ、道なりはどっちだ?」と判断しにくい分岐は、ほとんどの場合はちゃんと描いてあるのですがが、敢えてそれが書かれていないことがあります。こういう場合、自分なりに判断した方に進み、「次のコマ」が指定された距離のあたりにあらわれるかどうかを確認します。「赤い橋…赤い橋…ないじゃん!こっちじゃないや」で、元きたルートを戻ります。中には、その分岐で停まって待っていて、「赤い橋、ありました?」なんて聞いてくるちゃっかりした人もいます(笑)。あったら戻ってきてませんよね…。こういうちょっとした仕掛けがあると、くそーダマサレタ!と思いつつ、コマ図をつくった山原さんのニヤニヤする顔が浮かんできます。

チャレンジ!とコマ図に描かれたルートでは、倒木潜りを楽しみました。エンデューロライダーとしては、こういうルートをもっとたくさん入れてほしいです(笑)

とあるダートで、数台のビッグバイクをまとめて抜いた直後に、コーナーですべってズサーっと転んでしまいました。さっき抜いたビッグバイクさんたちが、ずらりと並んで僕を見下ろして待っています。ああああ。ごめんなさい…かっこわるすぎる…

二度も迷ったり、転んだりしてしまったので、CP1に到着したのが10時10分ごろ。クローズ20分前でした。ただし後で聞いたところによると、CP1の開設時間終了までに間に合わない人がけっこういたので、結局12時頃まで開けていたそうです。その辺のユル…もとい、寛大さもDOAならでは、ですね。もし何かトラブルがあってCP開設時間に間に合わなそうな場合でも、諦めずにCPを目指してください。

区間距離が長く、すぐに次のコマが確認できない時のドキドキもまた、コマ図ラリーの醍醐味のひとつです。
コマの指示がやや難しく「R→R」と描かれていて、その後、舗装林道を5km以上も走る区間では、「ほんとにあってるのかな?」と少し心配になりました。およそ5km先に、次のコマの図の通りのT字路に突き当たったときは、「あー、あってた!」とほっとしましたね。もし間違っていたら、また5km以上戻ることになりますからね。

時間がややタイトだったのはCP1だけで、13時30分まで開設しているCP2には、かなり余裕を持って11時50分頃には到着。
CP3までの距離が45km、開設時間は15時30分と、かなりの余裕がありましたので…
th_th_IMG_0091.jpg
CP2でちょうど一緒になったyoshさんと一緒に、贅沢なお昼ご飯を食べました。
th_th_IMG_0090.jpg
…春DOA三回目にして、ようやく房総の海鮮をランチに食べることができました。しかも、時間に十分な余裕を持って。これまでの二回は、時間がなくてお昼ご飯はコンビニおにぎりだったんです。今回のDOAで、一番自分の成長が感じられたひとときでした(笑)。

午後からは、朝のブリーフィングで説明されていた通り、楽しい林道が連続しました。
th_th_IMG_0092.jpg
th_th_IMG_0093.jpg
【写真を撮ってたら走ってきたライダーさんを、ぱちり】

タイヤがTBIでつかったものそのままだったので、ズルズルだったのが悔やまれます。もっとグリップのいいタイヤで走りたかったですね。タイヤはそこそこのやつを履いて行かないと、ダートの楽しさが減ってしまうので後悔します。しかしながら幸い、パンクなどのトラブルは無く、順調に走れました。

CP3にて…ワンコお昼寝中
th_th_IMG_0096.jpg
この子達、いつもDOAのどこかのCPにいるんだよね。いやされる〜♪

ゴール間近では、​xxkmでぶっとばせるフラットでまっすぐなダートで、海外ラリー気分を味わいました。いや、海外ラリーいったことないですけども。

15時40分頃、無事にゴール。
ゴール後に用意されているミニトライアルと​KTM試乗もポイントになりますので、もちろんやりました。

yoshさんもやってきました。なんと、最後のダートでパンクして、そこからはパンクしたまま走ってきたのだとか。
th_th_IMG_0105.jpg
↑こちらは、yoshさんのアフリカツインです。
↓こちらはテツさんのアフリカツインです。色も同じなんですね。
th_th_IMG_0111.jpg
yoshさんとテツさんのアフリカツイン談義。…なんか、うらやましいw
th_th_IMG_0113.jpg
今回、会場にはアフリカツインが5台くらいいたかな?人気のほどが伺えます。

その後はいつものジンギスカン

バンド演奏
th_th_IMG_0114.jpg
呑んだくれ…
th_th_IMG_0121.jpg
たくさん呑んで、しっかり酔っぱらいました。
バイク関係の不要品を持ち寄って開催したフリーマーケットも面白かったです。
綺麗なゴーグルやミラーをとても安く買えましたし、自分が持ち込んだいらないジャージ、モトパン、パーツなどが売れたので、熊本地震救済募金に5000円寄付することができました。


一夜明けて…
th_th_IMG_0122.jpg
テツさん、これから会社に直行だそうです。
ラリーしてそのまま出勤なんてちょっとかっこいい。
おつかれさまでした〜
th_th_IMG_0123.jpg

雑誌の取材を受けるメグメグさん。
th_th_IMG_0125.jpg
その姿を肴に好き勝手なことを言うラリー親父達…w

せっかく房総に来たんだし、と、帰路にはべこちゃんと寿司を食べに行きました
th_th_IMG_0131.jpg
th_th_IMG_0127.jpg
th_th_IMG_0128.jpg
はかりめ丼、海鮮丼、寿司と、三日連続で贅沢しちゃいました…!

食費をたくさん使った分、帰路はケチケチルートで帰宅。アクアライン以外は下道です。
th_th_IMG_0132.jpg
それでも三時間半で帰宅し、明るい時間に洗濯を洗車ができました。

気楽に参加できて、ラリーの醍醐味が味わえて、美味しいお酒が飲めて、海の幸が堪能できる。これがDoor of Adventure春です。
秋のDOAは、東北方面にて2Daysで開催されます。こちらも、より走りごたえがあってオススメです。秋DOAが完走できたら、TBi参加も夢ではありません!DOA経験のみでTBIに参加した僕が言うのだから、間違いありません。(タブン!シランケド)

コマ図ラリーをやってみたいなあ、と思っている方は、まずはDOAからはじめてみませんか!絶対に楽しいですよ。
 
JUGEMテーマ:車/バイク


 
| オフロードバイク ラリー | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE