<< 10/31 結婚記念日〜 11/1秦基博ライブ | TOP | 2016 SUGO 2DAYS 参戦 - DAY1 >>
| /PAGES | || TOP
CRF250Lは、やっぱり外車だったのか?

先日、家の前でCRF250Lをうっかり倒してしまった際に、打ち所が悪くてヘッドライトカウルが割れました。

 

ライトユニットとライトカウルをジョイントしている部分が割れたため、ヘッドライトの明かりが上に漏れてしまい、夜間走行時にとても眩しいのです。

これは危険なので、すぐに部品を頼んで交換しなければなりません。

 

KTMでパーツを頼んだ経験で言うと、おそらく3500円くらいじゃないかな…

KTMよりはちょっと安いくらいかな?…と、思っていました。

 

試しにネットで検索してみると、USAのパーツリストと価格が出てきました。

6番「VISOR SET」がライトカウルです。定価26.26ドル、この店の販売価格は21.95ドルとのこと。

ふむふむ。やっぱりそんなもんだよね。

 

で、さっそくWebikeの純正パーツ見積もりを依頼しました。

8856円だそうです。

目を疑いました。

生産国のタイじゃなくて、USAで26ドルの部品を、日本では三倍以上の値段で買わされるんですよ。

 

ちなみに1番のライトユニットはというと、US定価125.20ドルの部品がこの通り。

こちらも倍の値段ですね。

 

ホンダは日本のメーカーだと信じていたのに…CRF250Lに関して言えば、日本人が一番高い部品を買わされているのかも知れません。

 

FBでお友達にご指摘いただいた考察では、「同じ部品をアメリカは10000セット、日本は250セットしか買わない(数字はあくまでイメージです)、だから値段が違う」という意見があり、なるほどと納得はしたものの…それでも、二倍、三倍はいくらなんでも値段の差がありすぎますよね。

 

そしてその後、某ネットオークションで新品ライトカウルを2500円(税込2700円)+送料800円で販売している業者さんを発見。きっと、他国からまとめて輸入してるんでしょうね。

ありがたく、そちらで購入させていただきました。

 

今後、CRFのパーツを注文するときは、「日本車だから安いはず」と思わず、気をつけなくちゃいけないな…。

車両価格は安くて、良いバイクなんだけどなあ。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク CRF250L | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE