<< 2016 SUGO 2DAYS 参戦 - DAY1 | TOP | ぽんちゃん。 >>
| /PAGES | || TOP
2016 SUGO 2DAYS 参戦 - DAY2

過酷なレースだからこそ、翌日も頑張るためにはおいしいご飯としっかりとした休息が必要ですね。

姫丸さんに宿をとってもらって、大正解でした。

一日目の過酷なレースをなんとか生き残ったので、なんとしても完走したい二日目。

雨はあがっていましたが、それ故に泥は粘り、より重く滑る状態になっていて、昨日より路面条件は悪くなっているとのこと。

昨日リタイヤした選手は、整備をした上で再車検を受けます。

 

朝の公式通知にて、ルートはすべて舗装路になること、承認B/Cクラスはエンデューロテストがカットされること、さらに承認Cクラスは1周減(3周→2周)となることなどが発表されました。

 

つまり承認Bクラスは、周回数は昨日より一周少ない3周で、エンデューロテストなし、ルートはすべて舗装路ということです。よほどひどい状況になったとしても、クロステストが走破できないということはないし、エクストリームテストはタイムをよくばらずに通過するだけなら誰でも出来る。これならまず、完走を逃すことはなさそうです。

 

ワークタイムでしまちゃんに手伝ってもらって給油とラジエター補水を済ませ、走り出した一周目のクロステスト。はじめはなんでもなかったのですが、次第にエンジンのふけ上がりが悪いような、アクセル開度にバイクがついてこないような違和感を感じました。舗装を横切った直後のヒルクライムで、アクセルをあけても失速してしまって登れません。半クラッチを使って無理矢理上まで登りましたが、ここでエンストし、クラッチを切って押してもバイクが動かないことに気がつきました。

 

後続車の邪魔にならないようにバイクをできるだけ端に寄せ、キャメルの水を一口飲んで、頭を冷やしました。ここでリタイヤするわけにはいかない。どこにトラブルが起こっているのかを考えました。エンジンはかかる。クラッチをつなぐと停まる。…スタンドで浮かせてリアタイヤを回そうとしても、まわらないのです。リアブレーキが完全にロックしていました。前日、エアを噛んだ状態でロッドの部分で遊び調整をし、後でエア抜きをしたため、遊びがまったく取れていなかったのです。そのせいで、少し走ってパッドやフルードが熱を持ち膨張した時点で、リアブレーキが完全にロック状態になってしまったようです。

 

ウエストベルトをほどいて工具を取り出しました。リアブレーキの遊び調整には10mmスパナが二本必要ですが、僕が持っているのはKTMの車載工具で、それには10mmのスパナが一つしか含まれていません。さてどうしようか。片方のナットをペンチで挟んで、祈るような気持ちでえいやっ!ともう一方のナットを回したところ、ナットが緩みました。これでようやく、リアブレーキの遊びが調整でき、先に進むことができるようになりました。

 

トラブルが起きたときに、いかに対処し、レースを続行できるか。ラリーやエンデューロに求められるスキルのひとつで、ともあれこの課題をクリアできたことにほっと一安心しました。しかしながら、ルートならともかく、ここはクロステストの中です。この時のロスタイムは大きく、クロステストの通過には20分以上かかってしまい、ここで僕の順位は四位から五位へ後退しました。

とはいえ、そのあとのTCへの移動はすべて舗装路で、エンデューロテストもカットされているので、中間TCへはそれでも20分近くの時間を残して到着。

 

エクストリームテストは、無難なライン取りながら、はじめて一度もつっかからずに通過できました。

ブレーキも治ったし、次のクロステストはもっと頑張るぞ!…と思って、本部に戻ったところ、ピットの入口でオフィシャルにバイクを停められ、そしてこんなことを告げられました。

 

「コンディション悪化のため、承認クラスは1周になりました」

 

一周減算で二周になる、なんてことはあり得るかと思ったけれど、まさか一周で終わりになるとは、なんとも…ちょっと拍子抜けしました。どうやら、承認クラスのライダーがクロステストの途中で多数スタックしていることが、競技の妨げになったようです。エンジョイライセンスで参加できる承認クラスは、エンデューロ選手権を真剣に戦うライダーに混じって「出させてもらっている」立場なので、こういう措置が起こったときには文句は言えないのですよね。

 

まあ、これでファイナルクロスをスタートすることができれば、「完走」になることが確定したわけです。

訂正:「スタートラインに並ぶことができれば完走」だそうです。

 

大幅にカットされたため、あまりに長いファイナルクロスまでの待ち時間…。

 

「ファイナルクロスをスタートすることができれば完走」と書きましたが、実際に今回も、ファイナルクロスをスタートできなかったために完走にならなかった選手が二名いました。エンジンがかからなかった選手が一名、サイティングラップでバイクが壊れた選手が一名…。何があるか最後までわからないのがレースですね。

 

訂正:「スタートラインに並ぶことができれば完走」だそうです。なので、この二人の選手も完走でした。お詫びして訂正いたします。

 

そして僕はというと、B/C/W混走でのファイナルクロスのスタートは五番手あたりで飛び出したものの、第四コーナーで前走者にぶつかってエンストしたあとになかなかエンジンがかからず…。そのままラップされるまで再始動できずに、最下位でチェッカーを受けるというありさまでした。9:26のタイムチェック+ワークタイム15分から、ファイナルクロスまで三時間以上パルクフェルメで放置され、その後スタート直前までエンジンがかけられないため、十分に暖気が出来ていなかったのかもしれません。

 

ともあれ、ちゃんとスタートは切り、遅いなりにチェッカーも受けて、これでようやく2016承認Bクラスを完走したわけですね。

来年は、JEC東日本エリア戦にはすべて参加したいと思うのですが、承認Bでしっかり入賞できる力をつけるか、あるいは成績は残せなくともナショナルクラスに参戦してみるか。冬の間にしっかり練習して、体力もつけて、来春の「深山クロス」までに結論を出さなくちゃですね。

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE